生理前に胸が張る原因は?生理中のつらい胸の張りと痛みについて

生理前や生理中に胸が張る、胸が痛いと感じる人がいます。生理前にあらわれる不快症状は女性ホルモンの影響によるもので、月経前症候群(PMS)と呼ばれます。生理前や生理中の胸の張りや痛みは、妊娠の初期症状としての胸の張りとはどう違うのでしょうか。胸の張りや痛みがつらいときに少しでも快適に過ごす方法についても解説します。

76771

この記事の監修

Image
産婦人科医
藤東 淳也

目次

  1. 生理前に胸の張りを感じる原因は?
  2. 胸の張りで痛みを感じることも
  3. 生理前の胸の張りはいつからいつまで?
  4. 胸の張りは妊娠初期症状の可能性も?
  5. 生理前の胸の張りと妊娠の見分け方は?
  6. 生理前の胸の張りや痛みに対処するには
  7. あわせて読みたい

生理前に胸の張りを感じる原因は?

生理前には、胸が張る、胸が痛いなどの不快症状や心身の不調を感じる人がいます。これは女性ホルモンの影響によるもので、月経前症候群(PMS)と呼ばれます。月経前症候群(PMS)の症状は通常、生理が始まる1~2週間前からあらわれ、生理期の後半にはおさまります。

月経前症候群(PMS)は身体的症状としては乳房の張りのほか腹痛、むくみ、精神神経症状としては眠気、情緒不安定など人によってさまざまです。程度も重い人から特に感じない人までかなりの個人差があります。

生理前になると女性の身体は妊娠に向けて準備を始め、女性ホルモンのひとつである黄体ホルモン(プロゲステロン)が大きく変化します。妊娠・出産をすると自然に胸が大きくなり授乳に適した状態へと変化しますが、生理前の身体はその準備を始めているため、胸が張るのです。

胸の張りで痛みを感じることも

Image

生理前には身体が妊娠に向けた準備を始めるため、乳腺が変化します。乳腺内の血管が広がり、乳腺組織が変化することで乳房全体に張りを感じます。この張りが強いと痛みをともないます。ビリビリと張ってくる感じそのものに苦痛を感じることもあるでしょう。

生理前になると神経が若干過敏になる傾向があり、胸の張りにともなう微細な変化を感じやすくなっているために、乳房の痛みとして認識されることがあります。胸の張りとともにだるさや頭痛を感じる人もいます。症状には個人差が激しく、生理前に胸の張りや痛みをまったく感じないという人もいます。

Article link icon
乳首が痛いのは生理前・妊娠初期どちらの症状?病気の場合も?原因と対処法

生理前の胸の張りはいつからいつまで?

Image

生理前の胸の張りなどの不快症状は黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響によるものなので、このホルモンが放出されているあいだは続き、放出が終われば症状がおさまるということになります。

女性の身体は排卵後に高温期に入りますが、黄体ホルモンの放出はそこから増え始め、生理が始まると一気に減少します。この期間はそのほかの月経前症候群(PMS)がみられるとともに胸が張りやすい状態であると言えます。

胸の張りは妊娠初期症状の可能性も?

Image

胸の張りや痛みは、妊娠の初期症状のひとつでもあります。排卵後に胸が張る場合は妊娠の可能性も否定できません。

妊娠時の胸の張りは、授乳に備えて乳腺が一気に発達することによるものです。生理前の胸の張りと原因は同じですが、実際に妊娠しているときとそうでないときとでは胸の張り方や痛み方、その感じ方に大きな違いがあるようです。

Article link icon
妊娠すると胸の張りはいつから?妊娠初期の胸の張りがない・なくなるのは大…

生理前の胸の張りと妊娠の見分け方は?

生理前の胸の張りと妊娠による胸の張りのメカニズムは同じですが、その感じ方には違いがあることが多いようです。妊娠して初めてその違いを感じる人もいるそうで、妊娠経験がないと違いがわかりづらいかもしれません。

たとえば、生理前はチクチクと痛むような胸の張りを感じる人が、妊娠初期の胸の張りでは、痛いというよりはふっくらと大きくなっていることを実感するというパターンもあります。

妊娠したときの胸の張りには、乳腺実質が一気に育つことにより乳房のボリュームが極端に増えるような感覚があり、それが妊娠に気付くまで続きます。生理前の場合は生理が始まれば張りはおさまります。気になる場合はその他の妊娠初期症状にも注目し、妊娠検査キットなどの簡易検査と組み合わせてチェックしてみてくださいね。

Article link icon
生理だと思ったら妊娠?妊娠初期症状と生理前症状の違い
Article link icon
【医師監修】妊娠超初期症状25のチェックリスト!兆候はいつから?(体験…

生理前の胸の張りや痛みに対処するには

生理前の胸の張りを含めたさまざまな苦痛や不快症状に対する決定的な治療法はありません。ただ、少しでも快適に過ごすために十分な睡眠とバランスの良い食生活で心身のストレスをおさえることは大切です。

軽いストレッチで身体をほぐす、気分転換をするなど、普段忙しい人でも生理前だけはゆったりとした気持ちで過ごすことを心がけましょう。女性ホルモンのバランスを整えるといわれる大豆類を摂るのもおすすめです。

胸の痛みがつらい場合は婦人科で鎮痛剤を処方してもらうのも良いでしょう。生理前や生理中の胸の張りや痛みには、まれに病的な疾患が隠れていることもあります。生理が始まってからも胸の痛みが続く、乳房の形状に変化がみられる、乳房にしこりを感じる、といったときは念のため婦人科を受診しましょう。

あわせて読みたい

生理前の子宮口はやわらかい?排卵日や妊娠がわかるって本当…?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/24012
Image
生理前のおりものの特徴!多い?少ない?においや色、妊娠初期のおりものとの違いも解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/23606
Image
妊娠超初期・妊娠初期に腰痛?生理前腰痛との違いや腰痛の緩和法、流産との関係は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/1405
Image
妊娠初期の生理痛のような腹痛はいつまで?生理痛との違いは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/18596
Image
妊娠超初期のおりものは少ない?においや色の特徴は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28451
Image
おりものがピンク色になる原因と対策!妊娠初期や生理前後だと異常?排卵との関係は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/24402
Image
妊娠したとき、生理予定日前後で体調は変化する?腹痛・吐き気など妊娠超初期症状で表れるものは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/18704
Image