更新日:2017年11月08日

母乳はいつから出る?出ないときの原因は?

妊娠をすると、ママの身体にはいろいろな変化が起きますよね。とくに産後に母乳が出るかどうかが不安…というママも多いでしょう。ここでは母乳はいつから出るのか、出ないときの原因や対処法を詳しく説明します。

20094
0

母乳が出る仕組み

Image

【妊娠中】
妊娠すると、プロラクチン、エストロゲン、プロゲステロンという3つのホルモンの分泌が盛んになります。プロラクチンは乳腺の発達を促しますが、妊娠中は母乳の分泌を抑制するホルモンが活発にはたらきかけるため、妊娠中に母乳がたくさん出ることはありません。

【分娩後】
分娩後は、母乳分泌を抑えていた力が弱まります。一方で母乳の生産をはたらきかけるプロラクチンの力が活発になり、母乳を作らせます。赤ちゃんがおっぱいを吸うことで母乳が分泌されます。

赤ちゃんが乳頭を刺激することで同時に、オキシトシンというホルモンも分泌されます。このオキシトシンも、乳房から母乳を押し出す役目を果たします。

Mobile favicon

母乳とは?おっぱいが出る仕組みと母乳の成分・栄養・カロリーを解説

母乳はいつから出始める?

Image

母乳の出始めには個人差があります。おおよそ2~5日くらいとされていますが、産後すぐに出たという人もいれば数週間かかってようやく出たという人もいます。ママの身体はそれぞれ異なるので、産後すぐに母乳が出なくても気を落とす必要はありませんよ。

出産前から母乳が出る人もいる?

Image

妊娠中におっぱいマッサージなどをしていると、母乳のようなものが出た、というママもなかにはいるようです。これは母乳ではなく、乳汁という分泌液だといわれています。産後に母乳を分泌する準備ができ、乳管と呼ばれる母乳の通り道が開いた証拠だとされています。なかでも経産婦のママは乳腺が一度開いているので比較的出やすいという傾向にあるようです。

乳汁が出たら、ガーゼやベビーオイルをつけた綿棒などでふき取り、きれいにしておくと良いでしょう。放置しておくと白いカスのようなものが乳頭に残り、乳腺が詰まる原因になってしまうこともあるようです。正しいケアで清潔にしておきましょう。

母乳が出ない!原因は?

Image

どんなに頑張ってもおっぱいがでない…というママも少なくありません。個人差はありますが、考えられる原因は次のようなものがあげられます。

吸わせる回数が少ない

母乳は赤ちゃんがおっぱいを吸うことで出るようになります。授乳回数を増やすことで、乳頭への刺激も多くなり、母乳を分泌させるホルモンがよりはたらきかけるようになります。出が悪いと感じたときこそ授乳回数を多くするように心がけると良いでしょう。

乳首の形や大きさが要因で吸いづらい

乳首の形や大きさは人それぞれです。陥没していたり大きすぎていたりして赤ちゃんが吸いづらいということもあるでしょう。そういった場合は、手で絞ったり、搾乳機を使ったりして哺乳瓶で母乳をあげることからはじめるのもひとつの手でしょう。

Mobile favicon

乳頭吸引器は陥没・扁平乳頭に効果的?おすすめ商品8選とピジョンが人気の理由とは?

ストレスや疲れ

ホルモンバランスが崩れて母乳が分泌されづらくなってしまうこともあるでしょう。なかなか出ないと、それこそストレスになってしまいますよね。まわりからのプレッシャーなども要因になりかねません。

産後は睡眠不足になったりストレスをためすぎたりしてしまいがちですが、家族や周囲の協力を得ながら、できる限り身体と心を休められると良いですね。

赤ちゃんにとってもママにとっても、お互い授乳ははじめてのこと。まずは慣れることが大切です。母乳は赤ちゃんにおっぱいを吸わせることで刺激になり出るようになるため、あきらめずに吸わせることが大切でしょう。

Mobile favicon

母乳が出ない原因と対処法は?差し乳と溜まり乳の違いとは

おっぱいの悩みは母乳外来へ

Image

なにをしても母乳が出ず、ストレスで追い詰められてしまうママもなかにはいるでしょう。悩んだときは母乳外来や、産婦人科で相談してみることをおすすめします。ママの身体のことを良く知っている人に相談することで、適切な対処法を教えてもらえるかもしれませんよ。

Mobile favicon

母乳外来とは?母乳外来を利用するメリットと注意点

おっぱいマッサージは必要?

Image

産後はいつ行っても良い

おっぱいマッサージを行うことで、血流が良くなり、母乳の出が良くなることがあります。産後に母乳の分泌があまり良くないと感じたら、積極的におっぱいマッサージをおこなうと良いでしょう。乳腺炎などのおっぱいトラブルの防止にもつながりますよ。

妊娠中は要注意!

産前からおっぱいマッサージをする妊婦さんも少なくありません。しかし、過度なマッサージは危険な場合もあります。とくに妊娠初期は母体が安定していないので避けたほうが良いでしょう。

妊娠中におっぱいマッサージをしたからといって、必ずしも母乳の出が良くなるわけではありません。医療関係者によっては、マッサージ自体効果がないとしている方もいます。妊娠中におっぱいマッサージをする場合は、担当医や助産師さんに良く相談した上で行うようにしましょう。

Mobile favicon

「おっぱいマッサージ」のやり方と効果!母乳マッサージはいつから?

母乳はいつまで出るの?

母乳はいつまで出るのかもとても気になりますよね。授乳を続けている限り出る仕組みになっていますが、授乳の回数が減ったり、ママの体調が悪かったりとさまざまな原因で自然と出なくなるケースもあるでしょう。

母乳の止め方や断乳の方法についてはこちらで詳しく説明していますのであわせて確認してみてくださいね。

Mobile favicon

断乳の方法と進め方は?断乳の時期とやり方を解説

母乳の出方はママの数だけ異なる

Image

出産してすぐに母乳が出ると思ったのに、なかなか出なくて悩んでしまった…というママもたくさんいるでしょう。母乳の出方は人それぞれ、正解はありません。赤ちゃんもママもお互いに慣れるまでは大変かもしれませんが、日々の練習が大切です。周りと比べず、ときにはミルクや授乳グッズに頼りながら自分たちのペースで進められると良いですね。

あわせて読みたい

Image

添い乳の方法とは?新生児にも添い乳できるの?寝かしつけ、注意点やメリットについて!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28408
Image

ピジョンの哺乳瓶「母乳相談室」で授乳の悩み解決!母乳実感との違いは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18448
Image

母乳はいつまであげる?卒乳と断乳の違い、やり方、寝かしつけはどうする?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28303
Image

母乳育児中のおすすめの食事10選!母乳に良い簡単レシピとは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18987
Image

完全母乳育児のメリット・デメリット!いつからいつまで?完母へ移行するポイントは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28507
Image

こんなにも違う!新生児の体ガイド~これを読めば新生児のことがまるわかり!~

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/8375
Image

【0~1歳】新生児・赤ちゃんにおすすめのおもちゃ!いつ買えばいい?遊び方は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13224
Image

初乳とは?色や量は?いつからいつまで出る?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29408

関連カテゴリ

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

mamanoko編集部

mamanoko編集部公式アカウントです。 【Ins…

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事