保育園には何歳から入れる?いつからが理想?早く預けるとかわいそう?

共働き世帯の増加とともに、子どもを保育園に通わせる家庭も増えてきました。子どもを保育園に預けて仕事に復帰しようと考えている場合は、子どもを何歳から保育園に預けると良いか気になるのではないでしょうか。ここでは、保育園に子どもを預けることができる年齢や、0歳・1歳児から保育園に入るメリット・デメリットをご紹介します。

283965

目次

  1. 保育園には何歳から入園できる?
  2. 保育園にはいつから預けるのが良いの?
  3. 0歳・1歳で保育園に預けるのはかわいそう?
  4. 0歳・1歳児から保育園に入るメリット
  5. 0歳・1歳児から保育園に入るデメリット
  6. 保育園に0歳から預けたママの体験談
  7. 保育園に預けるタイミングは各家庭で話し合って
  8. ままのて限定!無料相談でプレゼントがもらえる
  9. あわせて読みたい

保育園には何歳から入園できる?

保育園へ入園できる年齢は園によって違います。認可保育園であっても、認可外保育園であっても、0歳児から受け入れている保育園は多くありますが、1歳児からのみ受け入れている保育園もあります。

子どもを預けたいと思う時期と、保育園で実際に子どもを預かってくれる時期が違う場合もあります。まずは、それぞれの保育園で子どもを受け入れる時期を確認するようにしましょう。

生後57日から預けられる保育園もある

労働基準法では、出産の翌日から8週間は産後休業と定められており、ママが就業することができません。ママが産後すぐに仕事に復帰する場合は、産後休業明けから子どもを保育園に預けることになります。そのため、早いところでは生後57日からの子どもを受け入れています。

生後4~8ヶ月から預けられる保育園も多い

0歳児から受け入れを行っている保育園でも、生後4ヶ月、6ヶ月、8ヶ月など、受け入れられる月齢を定めている園も多くあります。子どもが小さければ小さいほど、保育の人手が必要となります。首がすわる、ハイハイができる、腰がすわるなど、発育がある程度安定した赤ちゃんを受け入れることで、集団での保育の安全性を確保する場合もあるでしょう。

Article link icon
0歳児の保育園での過ごし方は?メリットとデメリット、注意点

1歳児から受け入れる保育園もある

保育園のなかには、1歳児からのみ受け入れをしている園もあります。この場合は4月1日時点で1歳になった子どもが一斉に入園します。1歳児からの保育園は、小さな赤ちゃんを受け入れていない一方で、1歳児で入園できる園児の枠が多いのが特徴です。早生まれのため0歳児クラスで保育園に入るのが難しい場合は、1歳児から受け入れを行っている保育園に申し込むのもひとつの手です。

保育園にはいつから預けるのが良いの?

Image

一般的な育休は子どもが1歳の誕生日の前日まで

育児・介護休業法では、1歳に満たない子どもを養育する労働者は、男女を問わず、希望する期間、子どもの養育のために休業することができると定められています。会社に特に規定がなければ、子どもが1歳の誕生日の前日まで育児休業をとることができます。そのため、子どもが1歳になる前後から子どもを保育園に預けようと考える家庭が多いようです。

子どもが1歳以降に保育園に入れなかった場合には、1歳6ヶ月まで育児休業を延長するように申し出ることもできます。ママが出産前の仕事に復帰する予定があるのであれば、1歳6ヶ月までに保育園に入れるように保活を行うことが一般的です。

ただし、独自に育児休業の制度を取り入れている企業や公務員の場合、最大で3年間の育児休業を取得できることもあるでしょう。

実際には4月からが入園しやすい

これから赤ちゃんを保育園に預ける予定のママのなかには、育児休業を取ることができる1歳の前日まで赤ちゃんと一緒に過ごしたいと考える方もいるでしょう。しかし、実際には年度のかわる4月が、保育園に最も入園しやすい時期なのです。

特に首都圏では待機児童問題が深刻で、0歳児の4月に保育園に入れないと、認可保育園に入るのは厳しいという実情があります。そのため、赤ちゃんの月齢が低くても、0歳児の4月から保育園に預けるという家庭は少なくありません。

1歳児の4月入園を目指す場合でも、認可保育園への入園が有利になるように、0歳児の秋~冬ごろから認可外保育園へ子どもを預けるというケースも珍しくありません。

Article link icon
保育園の申し込みはいつから?書類の書き方のコツは?認可園・認可外園の手…

ベストなタイミングはそれぞれの家庭で違う

子どもをどのタイミングで保育園や幼稚園に通わせるのが良いのかは、各家庭によって違います。子どもがある程度大きくなるまでは家庭で保育したいと考えるケースも、子どもを0歳児から保育園に通わせて仕事に復帰したいというケースもあるでしょう。

家庭の状況や方針にあわせて、その家庭にとってベストなタイミングで保育園に入所できると良いですね。

Article link icon
保育園に年度途中に入園するには?申し込みの流れや入りやすい時期について

0歳・1歳で保育園に預けるのはかわいそう?

Image

「三つ子の魂百まで」ということわざがあるように、子どもの成長にとっては3歳までの時期がとても大切だと考えられています。

そのことから、日本では以前より「子どもが3歳までは母親が育児に専念しないと、子どもの成長に悪影響をおよぼす」という考えがあります。これが、いわゆる三歳児神話というものです。

しかし、近年の専門家による調査で三歳児神話は否定されており、平成10年版の厚生白書にも「三歳児神話には、少なくとも合理的な根拠は認められない。」と記載されています。現在では、3歳未満の子どもを母親だけで育てても、保育サービスを利用しながら育てても、子どもの成長に大きな差はないと考えられています。

ただし、これは3歳までの時期が子どもの成長にとって大切だという考えを否定するものではありません。子どもが3歳までは母親が家庭で子どもを保育しなければいけないという考えを否定しているだけです。保育園に通わせる場合も、家庭で保育する場合も、小さいころに周囲の人が子どもに愛情を注ぐことはとても大切なことです。

0歳・1歳児から保育園に入るメリット

Image

これから赤ちゃんを保育園に預けようと考えている方のなかには、小さな我が子を預けることをためらう方もいるでしょう。しかし、乳幼児から保育園に通うメリットもあるので安心してくださいね。赤ちゃんのうちから保育園に入ると、下記のようなメリットがあります。

■子どもの発達段階に適切な刺激を保育のプロが与えてくれる
■保育のプロに相談しながら子育てをすることができる
■小さなうちから生活のリズムが整いやすい
■子どもが集団生活に馴染みやすい
■ママの仕事への復帰がスムーズ

0歳・1歳児から保育園に入るデメリット

Image

赤ちゃんのうちから保育園に通うメリットがある一方で、子どもにとっても親にとってもデメリットもあります。事前にデメリットを知っておくことで、対策を立てたいですね。乳幼児から保育園に通うデメリットには下記のようなものがあります。

■産後のママの体調が戻っていない場合には、ママの負担が大きい
■子どもが小さく手がかかるうちは、朝や帰宅後の時間にバタバタしてしまう
■完全母乳を続けるのが難しい、続ける場合には搾乳などの手間がかかる
■病気のウイルスを保育園でもらうことがある

保育園に0歳から預けたママの体験談

Image

12月生まれの赤ちゃんを翌年4月から認可保育園に預け、仕事に復帰しました。保育園激戦区だったため、0歳クラスの4月でないと入園が難しく、パパと相談して入園を決めました。入園式のときはまだ生後3ヶ月で、保育園では最年少でした。

小さいうちから保育園に預けて良かったと思う点

こんなに低月齢なのに預けても大丈夫かと不安でしたが、思いのほかすぐに保育園に慣れているようでした。まだ人見知りや後追いをしない時期だったせいか、預けるときに泣くこともありませんでした。ご機嫌な顔で先生に抱かれている姿を見て安心すると同時に、ちょっと寂しい気分になったのを覚えています。

赤ちゃんに免疫が残っている時期だったためかもしれませんが、入園直後に病気の洗礼を受けることもありませんでした。これは個人差があるとは思いますが、低月齢だからといって、特別病気しやすいというわけではなさそうです。

また、育児休暇期間が短かったため、社内の状況が大きく変わっているということがなく、比較的スムーズに仕事復帰後の会社になじめたように思います。保育園入園と仕事復帰がスムーズにできたのは、小さいうちから保育園に預けて良かった点だと感じています。

小さいうちから保育園に預けて大変だった点

生後3ヶ月はまだ完全母乳で育児していたため、哺乳瓶になかなか慣れず苦労しました。家で練習していたものの、保育園の哺乳瓶は好みではなかったようで、なかなか飲めるようになりませんでした。慣らし保育のときは「ミルクを一口も飲まないので、お迎えにきてください」と連絡が来たことも。

また、布おむつ着用を義務付けられる保育園だったため、低月齢のうちはおむつ替えが頻繁で、毎日の布おむつと衣類の洗濯が大変でした。

一番大変だったのは、産後の体調が戻りきっていないうちの仕事復帰だったので、とにかくママである自分が体調を崩しがちだったことです。深夜の授乳が頻繁で、さらに夜泣きをよくする子だったので、毎日寝不足でフラフラになりながら通勤していました。赤ちゃんが病気せず元気だったのが、せめてもの救いでした。

今振り返ると、体調不良のときは我慢せず仕事を休んだり、パパや実家に協力を仰いだりするなどして、無理しすぎなければ良かったなと思います。

保育園に預けるタイミングは各家庭で話し合って

Image

子どもをいつから保育園や幼稚園に通わせるのがベストなのかは、各家庭によって違います。子どもが3歳ごろまで家庭で保育するケースも、子どもを産後すぐから保育園に通わせるケースも、それぞれの家庭にとって納得できる時期であるならば、それぞれに正解なのです。

また、待機児童が多い地域では、希望のタイミングで子どもを預けられるとは限りません。0歳児から保育園に入らなければ仕事をやめなければいけなくなるというケースも多いのです。その場合は、子どもが保育園に入れるタイミングが、ベストなタイミングなのではないでしょうか。

家庭の中でよく話し合い、納得のいくタイミングで保育園生活をスタートさせられれば良いですね。

ままのて限定!無料相談でプレゼントがもらえる

子どもの成長にともない、教育資金が気になるママも多いのではないでしょうか。「学資保険」は計画的に貯蓄をしたい家庭に人気の保険です。

「保険見直しラボ」や「保険見直し本舗」では、学資保険をはじめとする保険選びの相談をすることができます。それぞれにメリットがあるので、どちらも利用してみて最終的に自分に合ったほうを継続しても良いですね。

特選グルメギフトが選べる!保険見直しラボ

Image

「保険見直しラボ」は、自宅や勤務先、近所の喫茶店などどこでも来てくれるので、遠出できない妊婦さんや子どものいるママでも安心です。ままのてのキャンペーンページから無料相談予約をし、面談後にアンケートに回答すると、選べる特選グルメギフトが必ずもらえます。面談日程は最短10分で決まるので、気軽に申し込むことができますよ。

Experience icon

おすすめポイント

・店舗来店不要。自宅や勤務先・近所の喫茶店などどこにでも来てもらえる。
・平均業界歴12年以上のベテランコンサルタントに相談できる。
・約30の保険会社から、一番お得な保険プランを比較検討できる。
・何度相談しても無料なので、納得がいくまで検討することができる。

期間限定!グルメギフトをもらうには?

ストローボトルがもらえる!保険見直し本舗

Image

「保険見直し本舗」では、手続きから加入後のアフターフォローまでしっかりサポート。今、キャンペーンページからの相談予約で子どもに嬉しい「SKIP HOPのストローボトル」がもらえます。無理な勧誘はなく、現在加入している保険がぴったりの場合は、継続をおすすめされることもありますよ。

Experience icon

おすすめポイント

・取扱保険会社の数は業界No.1。たくさんの保険の中からぴったりのものを提案。
・すべてのサービスを無料で利用でき、保険料も高くならないので安心。
・多くの店舗にキッズスペース完備。自宅で相談も可能。

限定ストローボトルをもらうには?
【2018年版】学資保険のおすすめと選び方は?口コミや人気もご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29931
Image

あわせて読みたい

【保育園の先生にインタビューvol.4】保育園はかわいそう?働くママ・パパができる工夫は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30576
Image
保活とは?いつから始める?失敗しないためのコツややり方を解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28975
Image
【体験談】保育園落ちたらどうする?不承諾通知が届いたときの対処法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28958
Image
慣らし保育とは?期間や泣くときの対処法は?仕事の都合でなしにできる?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28965
Image
保育参観の内容を【年齢別】に解説!服装や先輩ママの感想、欠席可否など
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29891
Image
保育園の料金は?年収によって費用が違うの?保育料の平均や計算方法!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28907
Image
子どもを保育園と幼稚園に通わせたママが違いを徹底解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28797
Image
公立保育園と私立保育園の違いは?それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28803
Image
保育園の時間は?延長保育や夜間保育のお迎えまでの過ごし方は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29087
Image
【体験談】保育園の服装は?年齢別の選び方のポイント・おすすめ商品を紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/9889
Image
保育園の入園前面接・説明会とは?どんな服装で行く?内容や質問は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28989
Image
認可保育園とは?保育料金や入園基準を解説!認証・認可外との違いは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28910
Image
小規模保育や事業所内保育とは?地域型保育事業の種類やメリット・デメリットを解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28869
Image
認証保育園とは?認可保育園・無認可保育園との違いは?保育料金や申し込み方法を解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28915
Image
保育園の見学をしよう!質問する内容や服装は?いつ見学に行けば良い?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28930
Image
保育園に夏休みや年末年始の休みはある?土曜日や祝日は?仕事のときは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28843
Image
認可外保育園(無認可保育園)とは?保育料金の決め方は?認可との違いを解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28863
Image
保育園の入園準備品リスト!【0歳~年齢別に紹介】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29361
Image