赤ちゃん・新生児の抱き癖はいつから?寝ないときの対処法は?

赤ちゃんを抱っこしすぎると「抱き癖がつく」と聞いたことがあるママはいるのではないでしょうか?泣いている赤ちゃんを抱っこするのはママの自然な行動ですが、抱き癖がつくことを心配してしまいますよね。そもそも抱き癖は必ずあるもののでしょうか。こちらでは、気になる赤ちゃんの抱き癖についてご紹介します。

72950

この記事の監修

目次

  1. 赤ちゃんの抱き癖とは?
  2. 抱き癖がつくのはいつごろから?
  3. 赤ちゃん・新生児には抱っこが必要!
  4. 抱き癖がつくことは悪いことではない!
  5. 抱き癖がついた赤ちゃんが寝ないときの対処法
  6. 赤ちゃんの抱っこがつらいときには?
  7. 抱っこは愛情表現に欠かせないもの

赤ちゃんの抱き癖とは?

抱き癖とは、赤ちゃんがぐずったり泣いたりするとパパやママが抱っこしてくれることが癖になり、抱っこするまで泣き止まなくなってしまうことです。泣いている赤ちゃんを抱っこしていたら、「抱き癖がつくわよ」と実母やお姑さんに言われた経験のあるママもいるかもしれません。

昔は、抱き癖がつくといわれていたため、赤ちゃんが泣いていても抱っこしないことがあったそうです。現在では、産婦人科などでは「赤ちゃんが泣いたら、思う存分抱っこしてあげて」とアドバイスされることが増えています。

抱き癖がつくのはいつごろから?

一般的に、赤ちゃんの抱き癖がつくのは生後2~3ヶ月頃といわれています。生後2~3ヶ月頃は、視力が発達し、パパやママが認識できるようになってくる時期です。パパやママに抱っこしてほしいと欲求を出すことも増えてくるでしょう。個人差はありますが、特に1歳ぐらいまでは抱っこの欲求が続くことがあるようです。

赤ちゃん・新生児には抱っこが必要!

赤ちゃんは、泣くのが仕事と言われますよね。泣いてすべてを表現しているため、赤ちゃんが泣くのは何かを伝えたいときです。泣いている赤ちゃんを抱っこしてあげると「自分の欲求に応えてもらえた」と精神的に落ち着くため、早く泣き止むことが増えるといわれています。

抱っこは赤ちゃんが安心できる大切な愛情表現なので、抱き癖を心配して無理にやめる必要はありません。3歳ぐらいまでは抱っこしてほしいと欲求する子どももいるので、ママは子どもの気持ちに応えてあげてくださいね。

抱き癖がつくことは悪いことではない!

最近では、赤ちゃんは抱っこをされることで、信頼感や安心感を得られる「オキシトシン」というホルモンが分泌され、赤ちゃんは安心し、情緒が安定するといわれています。抱き癖はつけないほうが良いという考えから、現在では抱っこすることが赤ちゃんに良い影響を与えるという考えに変わりつつあるといえるでしょう。

サイレントベビーに医学的根拠はない!?赤ちゃんを泣かせっぱなしにする影…

抱き癖がついた赤ちゃんが寝ないときの対処法

どうしても抱っこでなければ寝かしつけができない赤ちゃんもいますよね。やっと寝てくれても布団に置いたら泣いてしまい、また一からやり直しでママもぐったりすることもあるでしょう。抱き癖がついた赤ちゃんが寝ないときには、下記のようなことを試してみてはいかがでしょうか。

おひなまきを試す

おくるみでくるむ「おひなまき」を試してみるのがおすすめです。赤ちゃんは、おくるみにくるまれるとママのお腹の中にいるように感じられるのか、安心してぐっすり眠れるのでしょう。

新生児がよく寝てくれる「おひなまき」とは?効果と巻き方・注意点

添い乳を試してみる

添い乳は癖になるといわれることがありますが、ママの身体が休まるというメリットがあります。なかなか赤ちゃんが泣いて寝てくれないときは、添い乳を選択肢に入れてみても良いかもしれませんね。

添い乳での寝かしつけはいつまで?寝ないときには?夜泣きの原因になるの?

抱っこしながらママやパパも身体を休める

抱き癖がついて赤ちゃんが寝ないときは、抱っこ紐を活用したり抱きながらママも眠ったりするなどの工夫をしてみましょう。パパとうまく協力しながら、交代で赤ちゃんを抱っこしても良いですね。

睡眠リズムをつける

生後3~4ヶ月頃になると、赤ちゃんは昼夜の区別がつくようになってきます。生後半年くらいから、夜にまとまって睡眠を取れるようになる赤ちゃんが多いでしょう。朝はカーテンを開けて明るくし、夜は部屋の電気、音楽やTVを
消して静かにするなどの工夫をして、睡眠リズムを覚えさせると良いですね。

日中はたくさん遊ばせてあげることで、夜は寝つきやすくなるでしょう。夜にまとまって寝られるようになれば、夜泣きが減ってママの負担も少なくなりますね。

赤ちゃんの抱っこがつらいときには?

抱っこ紐やスリングを使う

赤ちゃんをずっと抱っこしていると、ママの腕や腰には負担がかかります。自宅ではソファに座りながら抱っこをしたり、外出先なら抱っこ紐やスリングを使ったりすると良いでしょう。できるだけ楽な姿勢で抱っこできるよう、育児グッズを上手に活用してくださいね。

抱っこ以外のスキンシップをとる

お腹が空いている様子がなく、おむつも変えたばかりで、どうして泣いているかわからないときもあるでしょう。もしかすると、ママとのスキンシップを求めているのかもしれません。

「いないいないばあ」をしておもしろい顔をしたり歌をうたったり、いろいろな方法でスキンシップをしてみましょう。抱っこしなくても、ギュッと抱きしめるだけで反応が変わるかもしれませんよ。

ママも横になった状態で抱っこする

赤ちゃんを抱っこした状態で、そのまま横になってみましょう。抱きしめられている安心感は変わらないので、赤ちゃんは泣くことはあまりないでしょう。ママの体温を感じながら、赤ちゃんはそのまま寝てくれることが多いようです。できればママも一緒に休んでくださいね。

抱っこできないときには赤ちゃんに声をかけてあげる

トイレや料理中で、どうしても手が離せないときもありますよね。赤ちゃんが泣いていても抱っこできないときは、「ここにいるよ」と優しく声をかけてあげましょう。パパやママの声が聞こえるだけで、赤ちゃんの不安は少なくなります。遠くても顔を見せることができれば、より効果的でしょう。

パパや周囲の人と協力する

子育ては、パパとママで協力することが大切です。ママは、赤ちゃんとふたりきりの時間がとても長いですよね。パパやお爺ちゃんお婆ちゃんといった周囲の人に協力をお願いし、たまには息抜きできると良いですね。

上にきょうだいがいるなら、ママのお手伝いを積極的にしてくれるかもしれません。赤ちゃんもたくさんの人に抱っこされ、ママでなくても機嫌が良くなるのではないでしょうか。赤ちゃんとの生活では、家事が後回しになることは当たり前です。無理をせず、できないことは家族に協力してもらいましょうね。

抱っこは愛情表現に欠かせないもの

抱き癖がつくと心配するママは少なくないでしょう。最近では、育児書でもできるだけ赤ちゃんを抱っこしましょうとすすめることが多く、赤ちゃんにとって抱っこは大切な愛情表現なのです。子どもが大きくなるまで抱っこをしている親はいませんよね。いつかは抱っこを卒業する日がくるため、それまでのお楽しみと思い、赤ちゃんとのスキンシップを楽しみましょう。

抱き癖がつくことを心配せず、今しかできないことを楽しみながらできれば、精神的にもママの負担は減るのではないでしょうか。パパや家族と協力し合い、赤ちゃんとの貴重な時間を過ごしてくださいね。