妊婦になってアイスがやめられない!妊娠中に注意すべきアイスの種類や食べ方について解説

ひんやりおいしいアイスは、暑い夏はもちろん、寒い冬でも食べたくなることがありますよね。妊婦になってもアイスがやめられないというママは少なくありません。妊娠中にアイスを食べ過ぎるとどのような影響があるのでしょうか。妊娠中に注意したいフレーバーや人気のアイスについてもあわせて解説します。

52074

記事監修

Image

目次

  1. そもそもアイスにはどんな種類がある?定義は?
  2. 妊婦はアイスを食べてもいい?量は?
  3. 妊娠中、こんなときはアイスを食べないほうがいい?
  4. 妊婦は抹茶アイスやラムレーズンのアイスに注意すべき?
  5. 妊婦に人気のアイスは?おすすめの食べ方は?
  6. 妊婦がアイスを食べるときの注意点
  7. アイスは適量をタイミング良く食べよう
  8. あわせて読みたい

そもそもアイスにはどんな種類がある?定義は?

一般的にアイスクリームと呼ばれるものは、法律において、乳成分の量に応じた4つの種類にわけられています。下記の表は、それぞれの乳固形分と乳脂肪分を示しています。

種類
乳固形分
乳脂肪分
種類別アイスクリーム15.0%以上8.0%以上
種類別アイスミルク10.0%以上3.0%以上
種類別ラクトアイス3.0%以上
種類別氷菓ほとんどなし

アイスクリームは乳固形分(乳製品の水分以外の部分)が15.0%以上、そのうちの乳脂肪分(乳固形分に含まれる脂肪分)が8.0%以上のものをさします。最もミルクの風味が濃く感じられます。(※1)

アイスミルクは乳固形分が10.0%以上、そのうちの乳脂肪分が3.0%以上のものをさします。牛乳と同じくらいの栄養分を含み、ほどよいミルクの味わいです。ラクトアイスは乳固形分が3.0%以上のものをさします。植物性の脂肪が使われているものが多く、さっぱりとした口当たりが特徴です。

それ以外の物は氷菓と呼ばれ、乳固形分はほとんど含まれていません。果汁を凍らせたアイスやかき氷などが氷菓にあたります。アイスクリーム類の定義は「乳またはこれらを原料として製造した食品を加工し、または主要原料としたものを凍結させたものであって、乳固形分3.0%以上を含むもの」となっているため、乳製品が含まれていないものは、法律上は「アイスクリーム」ではありません。

ソフトクリームも、アイスクリームと同様に乳成分の量で種類が変わります。ママの好みにもよりますが、濃いミルクの味を求めているならアイスクリームやアイスミルク、さっぱりとした味を楽しみたいのならラクトアイスや氷菓が向いているといえるでしょう。

妊婦はアイスを食べてもいい?量は?

Image

妊娠初期のママの中には、つわりでなかなか食事はとれなくても、冷たいアイスなら食べることができるという人がいます。アイスクリームやアイスミルクに含まれるカルシウムは不足しがちな栄養なので、妊娠中はアイスクリームを間食に取り入れてみても良いかもしれません。アイスクリームやアイスミルクには吸収率の高いカルシウムが含まれているため、良い栄養補給になるかもしれませんよ。

胎児への影響はどうでしょうか。妊娠中に乳製品や卵を食べた場合、赤ちゃんがアレルギーになるのではないかと心配するママもいます。しかし、ママがアレルゲン除去食を食べているからといって、赤ちゃんのアレルギー発症を抑える効果はないといわれています。遺伝的要素もあるため、ママがアイスクリームを食べたからといってアレルギーになるとはいえないでしょう。

ただしアイスクリームは、糖分が多く含まれているものもあるため、過剰に摂取すると身体に悪影響をおよぼすことがあります。また、アイスクリームを食べることによって身体が冷えてしまうことも気になりますね。

食べてはいけないという医学的な根拠はありませんが、食べ過ぎは避けたほうが良いでしょう。妊娠中期から臨月にかけて、体重が急増するママもいます。食べる量には注意が必要です。アイスは多くても一日一個までとしておくと良いでしょう。

妊娠中、こんなときはアイスを食べないほうがいい?

Image

妊婦健診前日

妊婦健診の前日や当日は、糖分が高いものを大量に食べるのは控えたほうが良いでしょう。尿検査で尿糖(+)と出た場合、「妊娠糖尿病」を発症していないかを調べるために、さらに検査が必要になることがあります。

妊娠時は、血糖値が高くない状態でも尿に糖が出ることがあります。この場合は赤ちゃんへの影響はなく、食事制限も必要ないといわれています。糖分を完全に制限する必要はありません。アイスクリームを食べてはいけないということではなく、食事全体を通して糖分を摂り過ぎないようにすることが大切です。

Article link icon
妊娠糖尿病の検査・治療の方法は?産後に治る?予防するには?

就寝前

日本アイスクリーム協会によると、アイスを食べるタイミングで最も多いのは午後のおやつや間食です。寝る前に食べる人は、全体の4.7%ほどなので多くはないですね。就寝前にアイスを食べると、どんなデメリットがあるのでしょうか。

寝ているあいだは、副交感神経が働き、エネルギーを貯めこみやすい状態になります。食べた分のエネルギーが消費できずに、体重が増える原因になることがあります。また、血糖値の上昇にもつながります。アイスクリームに限らず、寝る2~3時間前までには食事を済ませておいたほうが良いでしょう。

風邪をひいたとき

風邪をひくと喉越しの良いアイスクリームを食べたくなることもありますが、身体を冷やすことは避けたほうが良いでしょう。身体が熱を出して免疫を活性化しようとしているところで、無理に体温を下げてしまうと、風邪が治りにくくなることがあります。ただし、どうしてもアイス以外は食べられないというときは、無理に我慢することもないでしょう。水分の補給も忘れずに行いましょうね。

Article link icon
妊娠中に風邪をひいてしまった!妊娠中に注意したい風邪の症状とは?

貧血のとき

暑さに関係なく氷やアイスを食べたくなる人は、「氷食症」の可能性があります。冷たく凍ったものを無性に食べたくなる症状で、原因は明らかにはなっていません。鉄の欠乏による貧血や、その前駆状態の鉄不足で氷食症が起こることがあります。

氷食症になると、氷以外の食事量が減り、さらに鉄分不足になるという悪循環に陥ることがあります。貧血気味で毎日アイスを食べてしまうママは注意が必要です。不安なときは産院に相談してみましょう。

Article link icon
妊婦は鉄分不足に注意!必要量やプルーン・サプリなどの補給法、レシピも紹介

妊婦は抹茶アイスやラムレーズンのアイスに注意すべき?

Image

ラムレーズンアイス

ラムレーズンアイスは、ラムという洋酒に漬け込まれたレーズンが使われています。調理に使われるアルコールは加熱すれば問題ありませんが、アイスではどうなのでしょうか。

ハーゲンダッツのラムレーズンはアルコール分が1.6%と表記されており、「お子様や特にアルコールに弱い方はご注意下さい」という注意書きもあります。妊婦さんに対しての注意書きはありませんが、アルコールが含まれているのは確かです。可能なら妊娠中は、アルコールが含まれたアイスクリームを避けたほうが無難でしょう。

妊娠中の飲酒は厳禁ですが、ラムレーズンのアイス一個程度なら摂取したアルコールの量は少なく、赤ちゃんへの影響は小さいといえるでしょう。知らずにたまたま食べてしまっても、神経質になることはないですよ。

Article link icon
妊娠中の飲酒は障害などの影響が出る?少量などケース別の疑問を解説!

抹茶アイス

近年は抹茶スイーツが人気ですが、妊娠中はカフェインのことが気になりますね。日本には明確な基準がありませんが、世界保健機関(WHO)では 妊婦のカフェイン摂取は1日200~300mg以下とすることが推奨されています。(※2)抹茶は1杯あたり、48mg程度のカフェインが含まれているようです。

抹茶のアイスはさらにそれよりもカフェイン量は少なくなるため、大量に食べ過ぎなければ気にするほどではないかもしれません。一日一個までなら問題ないでしょう。ただし、抹茶の味が濃く苦いものや、抹茶そのものを大量にふりかけてあるスイーツを食べるときは注意したほうが良いでしょう。

Article link icon
なぜ妊婦のカフェイン摂りすぎはNG?1日の摂取量や赤ちゃんへの影響

妊婦に人気のアイスは?おすすめの食べ方は?

Image

アイスボックス

森永製菓の「アイスボックス」は牛乳が使われていない氷菓です。さっぱりしたレモンやグレープフルーツの氷が、つわりのときでもおいしく食べられるとママたちに好評のようですね。

カロリーは1個13kcaLと低く、ビタミンCが配合されているものもあるのが嬉しいですね。カップになっているので、中にジュースや水を入れて、ひんやりドリンクとしても楽しめます。

Experience icon
アイスボックスを氷代わりに

妊娠中はビールを飲めないことがつらかったので、アイスボックスに炭酸飲料を入れて飲んでいました。喉が潤っておすすめです!

アイスの実

アイスの実は、果汁をぎゅっと詰め込んだ丸いキャンディのような氷菓です。果実そのものを凍らせて食べているようなジューシーさが魅力ですね。パウチの容器は、ひとつずつアイスが出てくるように工夫されていて、素手で触らなくても食べられるようになっています。

Experience icon
夏にはまったアイス

妊娠中期がちょうど真夏だったので、ほぼ毎日のようにアイスを食べていました。夏はアイスの実やアイスボックスなど、さっぱりしたものを口にすることが多かったです。妊娠初期からなぜかチョコモナカジャンボにハマり、妊娠中は定期的に食べていました。

ハーゲンダッツ

フレーバーが豊富で、リッチなコクを持つのがハーゲンダッツアイスです。ハーゲンダッツバニラの場合、乳脂肪分が15.0%と他のアイスよりも高めになっています。その分、濃厚なミルクの味を楽しむことができます。ミニカップでもカロリーが244kcaLあるので、体重管理が必要な場合は気をつけたほうが良いでしょう。

Experience icon
忘れられない味

筆者の産院では、赤ちゃんが産まれた直後にハーゲンダッツアイスをプレゼントしてくれるサービスがありました。赤ちゃんのかわいい泣き声を聞きながら、夫に抹茶アイスを口に運んでもらったときは「この世の食べ物の中で一番おいしい」と感じました。からからに乾いた喉に、甘くて冷たいアイスが染み込んでいくようでした。

二人目の妊娠中は、そのハーゲンダッツの味が忘れられず、無性に食べたくなりました。毎日でも食べたかったですが、体重の増え過ぎが怖かったので、一週間に一度だけのお楽しみと決めていましたよ。自分へのご褒美として、ハーゲンダッツアイスは最適でした。

サーティワンアイスクリーム

豊富な種類のフレーバーから好きな味を選べるのが、サーティワンアイスクリームの特徴です。毎月新しいフレーバーが登場しています。チョコミント味のポッピングシャワーは口の中でキャンディがパチパチとはじけますし、ストロベリーチーズケーキは上品な甘酸っぱさが人気です。かわいいキャラクターと鮮やかな色のケーキアイスは記念日などに喜ばれるようですが、妊娠中にホールでケーキアイスを食べることは止めたほうが良いでしょう。

ガリガリ君

独自の製法で、かき氷をアイスキャンディーでコーティングした製品がガリガリ君です。とくに人気のソーダ味はすっきりした味と噛みごたえで、つわり中でもおいしく食べられるママが多いようです。カロリーは69kcaLと高くはありませんが、食べ過ぎないように注意しましょう。

Experience icon
つわり中に食べたくなったアイス

つわり中は初夏だったこともあり、キーンと冷たい舌触りを求めてガリガリ君を無性に食べたくなりました。冷凍庫にいつもストックがあり、常に食べていました。急にガリガリ君が冷凍庫を占拠したので、夫がびっくりしていました。妊娠中期から後期は、ソフトクリームやハーゲンダッツなど、逆にこってりした甘いアイスをよく食べていました。

手作りでもアイスが楽しめる

手作りのアイスを楽しんでも良いでしょう。100均のアイスバーメーカーに市販のジュースを入れて凍らせれば、すぐにシャーベットアイスが楽しめます。ミルキーなアイスが好みであれば、牛乳250cc、生クリーム75cc、卵黄3個、砂糖50g、バニラエッセンスを使用すれば、アイスクリームが作れますよ。

前もって泡立てた生クリームと湯煎しながら混ぜた他の材料を合わせて、さらによく混ぜ、冷やすだけです。なめらかな舌触りにしたいのなら、アイスクリーマーを使用してみましょう。

Experience icon
冷凍バナナを作っていました

日によって気分が変わり、コクがあるバニラ系のアイスとサッパリした果汁系のアイスを交互に食べていました。妊娠後期にさしかかり、体重の増え方が気になってきたので、カロリーが高いアイスをなるべく控え、バナナを切ったものを凍らせて食べていました。アイス代わりのおやつとして、おすすめです。

妊婦がアイスを食べるときの注意点

Image

食べ過ぎに注意

アイスクリームは口の中で溶ける特徴があるため、あまり満腹感を感じないことがあります。糖分や乳脂肪分が多く含まれているものもあり、カロリーはお菓子類の中でも低くはありません。食べ過ぎないように注意することが大切です。

食べ過ぎると体重管理に影響が出る可能性があり、また下痢や腹痛の原因にもなります。ママの体形や体重増加にもよりますが、間食は一日200kcaL以下が理想です。アイスクリームの量を考える際の目安にしましょう。

Article link icon
【妊婦のおやつ】体重管理や小腹がすいたときに役立つ、おいしくて低カロリ…

身体の冷えに注意

妊娠中はストレスや運動不足などで血行が悪くなり、冷え性になりやすいといわれています。冷えが進むと、腰痛や便秘、こむら返りなどのマイナートラブルが起こることがあります。アイスや冷たい飲み物は、冷え性を悪化させることもあるため、冷えや血行不良が気になるときは避けたほうが良いでしょう。

しょうがや味噌、根菜類などは身体を温める効果があるため、食事に取り入れると良いでしょう。どうしてもアイスが食べたいときは、くるぶし辺りを温めながら食べるのも良いかもしれません。ただしアイスは一日一個にして、大量に食べないようにしましょう。

アイスは適量をタイミング良く食べよう

妊娠中にアイスを食べるときは、適量を守るようにしましょう。身体を冷やさず、カロリーを摂りすぎないことが大切です。アイスばかり食べていると栄養バランスが偏るため、一日一個までと決めておくと良いでしょう。夜寝る前に食べるのは避けたほうが良いですね。好物を食べるのはストレス発散にもなりますから、正しい食べ方でマイナートラブルを防ぎましょう。

あわせて読みたい

妊婦の食べ過ぎは胎児に影響する?食べ過ぎによる下痢、腹痛、嘔吐の症状や、食欲がとまらないときの対処法を解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30064
Image
妊婦の朝ごはんは何がおすすめ?妊婦健診の日に朝食を抜くのはNG?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30061
Image
妊婦の身体に良い食事・食生活とは?おすすめの献立やレシピ、食事量、注意したい食べ物を解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30066
Image
【春・夏用】安くてかわいいマタニティパジャマ12選!無印・GUのパジャマが人気!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/17158
Image
妊娠中期の下痢の原因、対処法は?赤ちゃんに影響はない?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/16960
Image