【体験談】まさかの逆子!?私の妊娠26週の思い出

この時期の赤ちゃんは逆子のことも多いそうです。筆者の長男次男もまさかの逆子認定、しかも低置胎盤の可能性があると言われ、「どうしよう!」と健診帰りにとても落ち込みました。でもまだ大丈夫ですよ。この頃の逆子は気が付くと治っている場合も多いんです。そんな妊娠26週目の様子を、筆者の体験談と共にご紹介します。

45329

目次

  1. この頃の赤ちゃんの様子
  2. 逆子と低置胎盤との診断に驚きを隠せない
  3. 歯医者通いは今のうちに
  4. 資格試験を受けました
  5. ハンドメイド熱が急上昇
  6. まとめ
  7. あわせて読みたい

この頃の赤ちゃんの様子

妊娠7ヶ月(24~27週)
身長……36cmくらい
体重……750~1000gくらい

赤ちゃんもずいぶんと大きくなりました。赤ちゃんが大きくなるので、ほとんどの人はこの頃から急激におなかが出てきます。体調が良ければ、今のうちにやりたいことや行きたい場所にどんどん動いちゃいましょう!

筆者もいっぱいおでかけしましたよ。7ヵ月の時期に、温泉もこれが最後と思い、旅行にも行っています。産まれたら庭の手入れも出来ないからとガーデニングもいっぱいして、翌日腰痛にもなりました。
しかし、やはり体調は妊娠前とは違います。疲れやすかったり足がむくんだり……元気だからとはりきりすぎると後でしんどくなったり、腰痛などに悩まされたりもします。すぐに休める環境を作って動くことをおすすめします。

逆子と低置胎盤との診断に驚きを隠せない

Image

筆者の場合、次男の26週1日の健診で、逆子だと診断されました。更に、「低置胎盤」の可能性もあると言われてしまい、「まだわからないけれど、もしかしたら帝王切開の可能性もある」と告げられました。とても驚きとともに落ち込みました。

ただ、この頃の赤ちゃんは逆子であることも珍しくなく、大体が産まれるまでにはもとに戻ります。医師からも「逆子体操もあるけれど、まだ26週なら様子見だね」と言われ、詳しく教えてはくれませんでしたよ。

低置胎盤

筆者が診断を受けた低置胎盤とは、胎盤の位置が子宮口にかかっていて産道の邪魔になっている状態のことです。これも、お腹が大きくなっていくうちに正常になる場合がありますが、そのまま低位置だった場合は、帝王切開になります。

助産院で自然分娩を希望していた筆者は驚きと共に大ショック……。帝王切開になったらまた病院で産むのか…。(一人目の出産時に病院で出産の印象が良くなかったのです)「お腹を膨らまそう!そして胎盤を上げよう!」と思いながら帰った健診日でした。

ちなみに、翌週の27週の健診で無事逆子は戻っていました。胎盤も、お腹の成長と共に上がってきて一安心でしたよ。

歯医者通いは今のうちに

Image

妊婦さんはむくみやホルモンバランスの崩れで虫歯や歯周病になりやすいと言われています。妊娠中に一度、無料の歯科検診がある地域もあるほどですよね。

安定期に入ったらお腹が大きくなる前に歯科検診を受けましょうと言われたもののなかなか行けず、やっと行った検診の結果で数回通院しなければならなくなりました。筆者は6ヶ月のときにすでに臨月に間違われるほどにお腹が出ていたので、大きなお腹であおむけになるのがかなり辛かったです。施術中も酸欠で頭がくらくらしてくるけれど我慢…。しかもそんなときに限って胎動も激しくて、お腹を蹴られて、ダメだ、もう息が出来なくなる……! 頑張ってはみたものの辛すぎて、中断して休憩したことも何度かありました。

妊婦さん、歯医者は安定期になったら早いうちに行くことをおすすめします。仰向けがだんだんキツくなってきますから。

資格試験を受けました

Image

妊娠時ってスキルアップについて考える人も多いです。筆者もその一人でした。

三男の妊娠時、たまたまこの週の土日に二つの講座と試験が重なって、週末はパパに子どもをお願いして、一人の時間を過ごしました。子ども中心のアニメや絵本の話題でない大人の会話をすることさえも、子どものいる母親にとっては新鮮で嬉しいことです。

お子さんがいる人はわかっていただけますよね。子どもがいると入れないようなカフェでランチもして、母親でもなく妊婦でもない自分の時間が持てたことは、とてもいいリフレッシュになりました。

ハンドメイド熱が急上昇

Image


育児日記を見ていると、三人ともの妊娠時、この頃ハンドメイドに熱心でした。
三人とも春夏生まれというのもあり、この頃は寒い季節だったせいかも知れませんが、いろいろ作りました。

ダンボールでミニキッチン、牛乳パックの椅子、ベビーカーのフットマフ、授乳クッション、スタイ、赤ちゃんおもちゃいろいろ…、上の子の1年先の入園グッズまですでに完成。入園グッズについては、生まれてからは時間がなかったので、1年前にでも作っておけて本当によかったと思っています。経験からも、二人目出産予定の未入園児ママに、早く作っておくといいよとおススメしています。友達にはスリングや授乳ケープを作っている人もいましたよ。

まとめ

逆子に低置胎盤だと判明したときはすごくショックで、今でも帰り道に見た風景まで思い出せるほどです。
体の冷えが逆子の原因になるとも言われています。お腹が出てきて血流が悪くなっている人も多くなってきます。赤ちゃんのためにもしっかり体を温めましょうね。

あわせて読みたい

県民共済の保険は帝王切開の手術でも適用?出産や妊娠の保障内容を徹底解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30381
Image