更新日:2018年10月26日

破水に気づかないときのリスクは?破水の原因と見分け方

破水って羊水がドバドバ出てくるイメージではないですか?羊水の出方はドバドバ出てくることもあればチョロチョロ出てくることも。出産時に必ず起こる破水は陣痛が始まってから起こる場合と突然破水してしまう場合と起こるタイミングは人それぞれです。もし破水に気づくことができなかったらどうなるの?原因は?まとめましたのでご覧ください。

監修 : ままのて 医師・専門家
531417
0

破水とは

破水とは赤ちゃんを覆っている卵膜が破れ、卵膜の中の羊水が体の外に流れ出る状態をいいます。出産において必ず起こる破水ですが、初めから羊水がドバドバ出てくる人もいればチョロチョロ流れ出る人もいるなど人によってさまざまです。

Mamanote icon
破水とは?色や量、においの見分け方と破水の種類

破水の種類

Image

適時破水

一般的な出産では陣痛が始まり子宮口が全開になってから破水が起こります。このときの破水を「適時破水」とよび正常な破水です。

前期破水

陣痛がくる前に突然破水してしまう場合を「前期破水」と呼びます。約30%の妊婦さんが経験する破水です。破水をきっかけとして陣痛が始まってしまうので時期によっては早産になってしまう可能性もありますから注意が必要です。

Mamanote icon
前期破水とは?原因や症状、早期破水との違いや陣痛までの流れは?

早期破水

陣痛ははじまったものの、子宮口が全開になる前に起こる破水を「早期破水」と呼びます。陣痛がおこってからの破水なので経験する妊婦さんも多い破水です。

高位破水

「高位破水」とは子宮の上部の卵膜が破れてしまう状態です。通常の陣痛であればひと目でわかる程の量の羊水がでてくるのですが、高位破水の場合はチョロチョロとしか出ないのが特徴です。

尿漏れやおりものと勘違いするほどの羊水の出方なので、破水したことに気づけない場合があり注意が必要です。

Mamanote icon
高位破水とは?高位破水の原因と見分け方、対処法、予防法

破水の原因

Image

重たいものを持つ

重たい荷物を持ちあげたり荷物を持って移動したりするなど、お腹に急激に力が入ってしまうことで破水してしまうことがあります。すでに上のお子様がいる場合は抱っこをせがまれることもあるかと思います。急に抱きあげるとお腹に力が入ってしまいますので、なるべくゆっくり動作を行うよう気をつけましょう。

卵膜の異常

性病や何らかの細菌の感染が起こっている場合は炎症によって卵膜が弱くなっている場合があり、破水の原因となってしまいます。

性行為

性行為が破水を引き起こしてしまう場合があります。深い挿入は避けお腹を圧迫することがないような体位で行うようにしましょう。また感染症や早産を予防するために必ず避妊具を使用するように心がけましょう。

Mamanote icon
妊娠後期にセックスしていいの?胎児への影響は?気をつけることは?

喫煙

妊娠中のママの喫煙も破水の原因となる場合があります。本人の喫煙だけでなく副流煙を吸わないためにも周りの人の協力を得たいですね。

Mamanote icon
妊娠中のタバコの影響は?副流煙のリスクや禁煙方法

高齢出産

高齢出産で卵膜が弱くなっている場合も破水が起こりやすいといわれています。しかし高齢出産だからといって全ての人が突然破水するわけではありません。生活習慣を見直すことでリスクを減らすことは可能です。

Mamanote icon
高齢出産にはどんなリスクがある?母体と赤ちゃんへのリスクとは

性感染症

「クラミジア」や「カンジダ症」などの性感染症も突然の破水の原因となります。性感染症になっていないか早めに検査をし、治療することが望ましいですね。

Mamanote icon
クラミジア感染症とは?症状や原因、潜伏期間は?女性と男性で違う?
Mamanote icon
カンジダ腟炎とは?原因や治療法、おりものなどの症状は?

羊水過多・多胎妊娠

羊水が多くなる「羊水過多」や「多胎妊娠」も突然の破水の原因となる場合があります。多胎妊娠の場合は子どもが2人以上でさらに羊水も増えているため、子宮内圧が上がり、その圧力で卵膜が破けてしまうと考えられています。

Mamanote icon
羊水過多症の原因と症状は?羊水が過剰に多いと赤ちゃんが障害児になる可能性は?
Mamanote icon
多胎妊娠とは?リスクや妊娠検査薬への反応は?産休は長く取れる?

破水に気づかないときのリスク

Image

高位破水の場合は尿漏れやおりもの程度の羊水の出方であるため破水に気づかずにしばらく過ごしてしまうことがあります。そのまま気がつかないでいた場合のリスクはあるのでしょうか。

細菌感染

破水に気づかなかった場合のリスクとして細菌感染があります。卵膜により守られている赤ちゃんですが、破水により卵膜が破けたことで子宮頸管から入ってきた細菌に感染してしまうことがあります。赤ちゃんだけではなくママも感染症にかかってしまう場合もありますので母子ともに注意が必要です。

赤ちゃんの成熟障害

早産期の破水では赤ちゃんの時期によっては成熟障害が起こる場合があります。特に肺機能は妊娠35週頃、妊娠後期に成熟するため、肺機能の障害につながる恐れがありますので注意が必要となります。

臍帯(へその緒)脱出による無酸素症・胎児仮死

破水に気づかず羊水が極端になくなってしまうと臍帯が赤ちゃんよりも先に出てしまう「臍帯脱出」が起きたり、臍帯が圧迫されることによって赤ちゃんへ酸素や栄養分が行き届かなくなってしまい「無酸素症」や「胎児仮死」を引き起こしてしまう恐れもでてきます。

破水の見分け方

Image

破水に気づかないことで恐ろしいリスクもありました。高位破水のように羊水がチョロチョロとしか出ないときには「尿漏れ」なのか「おりもの」なのか「破水」なのか判断がつかない場合も。見分け方を知っておくことで判断がつきやすくなるかもしれません。

破水の場合は透明か乳白色、血液が混じっている場合には淡いピンク色をしています。尿の場合は黄色い色をしていたり、おりものの場合は卵白のような白っぽさがあるという違いがありますから、日頃からよく観察しておきましょう。

形状

破水の場合は水っぽくサラサラとしていてあまり粘り気はありません。粘りが強かったりゼリー状である場合はおりものの可能性がありますのでよく観察してみましょう。

匂い

破水の場合の匂いは生臭い匂いだったり精子のような匂いだったりと独特の匂いが特徴です。匂いを感じられなかったという人もまれにいますが、尿であればアンモニア臭がしますし、おりものであれば酸っぱい匂いがありますから判断がつきそうですね。

Mamanote icon
破水と尿漏れの違いは?わからないときの見分け方はある?

自分で止められるかどうか

破水の場合は自分の意思で止めることはできません。尿漏れである場合には自分の意思で止めることができますので肛門周辺に意識を集中させて力を入れチェックしてみてください。

出てくるタイミング

横になって安静にしているときや動くたびにちょっとずつ出てくるような場合は破水が考えられます。笑ったりくしゃみをしたりなどお腹に力が入ったときに出る場合は尿漏れの可能性が高いですね。

破水であれば一度出始めたら時間が空いたとしても少しずつ出てきて止まることはありません。次々に出てくる場合は破水の可能性があります。

胎動の減少

破水か尿漏れか判断がつかない場合は胎動の様子もみてみましょう。出産が近づくと胎動は徐々に減ってくるのが普通です。普段よりも胎動が減っていると感じた場合は出産が近づいている可能性があり、もしかすると破水しているかもしれません。

Mamanote icon
臨月の胎動は激しい・痛い・減る?感じる位置や陣痛と見分け方は?

破水に関する体験談

2児の母である筆者は第1子が前期破水から始まった出産でした。筆者の破水のきっかけは自宅でトイレに行こうと思い立ちあがったときに起こりました。自分のお腹の中から風船が割れるような「パンっ」という音がしたのです。

破水の様子は初めのうちはしたたるくらいのもので色は淡いピンク色。次第に2枚重ねにした夜用ナプキンでも追いつかないほどの羊水がでてきました。病院に着くころにはズボンもびっちょり。

高位破水のようにおりものなのか尿漏れなのかわからないくらいの破水は分かりづらいかもしれませんね。しかし何かが割れるような音が聞こえたり、何かいつもと違うというような違和感がある場合が多いようです。「破水の見分け方」をチェックし破水なのかどうなのか確認して欲しいと思います。

破水かな?と迷ったらとりあえず電話を

Image

破水かもしれない…と思ってももしかして違ったら?と考えるとなかなか病院に電話するかどうか迷うと思います。しかし出産は何が起こるかわかりません。初めての出産でも経産婦さんでもわからないことだらけ。とにかく破水を疑ったら病院へ電話しましょう。

破水すると卵膜に守られていたはずの赤ちゃんが感染症にかかってしまうかもしれません。たとえ破水ではなかったとしても病院だって慣れっこです。赤ちゃんを守れるかどうかはママにかかっています。迷わず電話連絡をし指示を仰ぎましょう。

37週以降の破水はすぐそこまで赤ちゃんに会える時が近づいているということです。10ヶ月間お腹の中で大事に育ててきた赤ちゃんとの対面の時ですね。無事に出産を終えられますように。

破水の関連記事はこちら

Image
いよいよ臨月!出産の兆候は?お腹が下がるって本当?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/12836
Image
出産間近のママ必見!お腹の赤ちゃんが知らせる出産の兆候は?【体験談あり】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/8633
Image
陣痛の兆候・始まりを見逃さないで!腰痛・吐き気・おりもの・胎動などの前兆を体験談を交えて解説
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/20244
Image
破水があったのに陣痛がこない場合は促進剤を使う?出産までにかかる時間は?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29186
Image
【出産を控えたママ必見!】安産を引き寄せる6つのコツ
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/8348
Image
産後の悪露はいつまで?量・色・においや生理との違いは?鮮血が出ることも?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/26709
Image
産褥ニッパーおすすめ13選!産後いつから使える?ウエストニッパーとの違いは?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28095
Image
産後の骨盤矯正、おすすめの3つの方法と効果は?正しい骨盤ケアで美ボディに!
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/19237
Image
効果的な産後ダイエットの方法8選!子育て中でも痩せられる!おすすめの食事・運動
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/23273
Image
新生児とはいつからいつまで?身長や体重は?身体の特徴やケアについて
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/8375
Image
新生児が寝すぎて心配。病気の可能性は?起こすべき?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28378

関連カテゴリ

関連する人気の記事

妊娠・出産のカテゴリ

おすすめの記事