前駆陣痛はいつから始まる?症状や痛みの特徴は?初産・経産婦で違いはある?

出産が近づいているサインのひとつに「前駆陣痛」があります。前駆陣痛はいつから始まるのか気になるママも多いでしょう。前駆陣痛の痛みや症状には、特徴があるのでしょうか。前駆陣痛と本陣痛との違いや初産婦・経産婦での違いとともに体験談を交えながら解説します。

482717

この記事の監修

Image
産婦人科医
藤東 淳也

目次

  1. 前駆陣痛とは
  2. 前駆陣痛はいつから始まるの?【体験談あり】
  3. 前駆陣痛の特徴は?どんな痛みや症状を伴う?
  4. 前駆陣痛がない人もいる?初産婦と経産婦の違いは?【体験談あり】
  5. 前駆陣痛と本陣痛は何が違うの?
  6. 前駆陣痛とともに出血することはある?
  7. 前駆陣痛が痛すぎるときの対処法は?
  8. 前駆陣痛はいつまで続くの?【体験談あり】
  9. 前駆陣痛が遠のいてきたら?
  10. 前駆陣痛の症状は人によってさまざま
  11. あわせて読みたい

前駆陣痛とは

前駆陣痛(ぜんくじんつう)とは本陣痛の前に起こる陣痛のことで、もうすぐ出産が始まることを知らせる身体からのサインです。「前駆」には物事の始まる兆候という意味があるように、前駆陣痛のあいだに身体は出産へ向けて準備を始めます。

前駆陣痛では子宮が収縮し、赤ちゃんが通るための子宮頸管が軟らかくなるので、たいていはお腹に不規則な張りや痛みを感じます。症状の現れ方は人によってさまざまです。何日にもわたって繰り返し痛みを感じる人もいれば、痛みにまったくに気づかないまま出産をむかえる人もいるかもしれません。

Article link icon
妊娠後期のお腹の張り・痛みがきたら、すぐやるべきことは?胎動との関係は?
Article link icon
出産間近のママ必見!お腹の赤ちゃんが知らせる出産の兆候は?【体験談あり】

前駆陣痛はいつから始まるの?【体験談あり】

Image

前駆陣痛がいつから始まる?

前駆陣痛は妊娠後期の36~40週ごろ、臨月に入る前後くらいに起こるといわれています。臨月に入り予定日が近づいて来ると、そろそろ前駆陣痛が始まるかもと考える人は少なくないでしょう。

前駆陣痛が始まる時期はさまざまです。出産予定日の何週間も前から前駆陣痛の症状を感じる人もいます。一方で、本陣痛の前日になって症状が現れる人もいます。「平均的にはいつからいつまで前駆陣痛がある」といった基準はないため、臨月になっても前駆陣痛が始まらない場合もあまり神経質になる必要はありません。

Experience icon
先輩ママの体験談

出産の約4日前から前駆陣痛がありました。前駆陣痛の痛みは「いつもの生理痛よりもちょっと弱い、下痢のような痛み」に近かったです。胎動とも違っていて、おかしいなと感じたので前駆陣痛だとわかりました。前駆陣痛が始まってからは親と夫に連絡して出産が近いことを伝えました。病院には、まだ大丈夫だけどこのまま出産になるかもしれないから入院グッズを持ち歩くように、と言われました。とはいっても妊娠中はそんな余裕はなかったのでなかなか大変でしたね。

私の場合は前駆陣痛からそのまま本陣痛が始まりました。初めは「陣痛って軽いんだ」と余裕に感じていたのですが、実際に本陣痛が始まると前駆陣痛とは比べものにならないくらいのとんでもない痛みでした。

Article link icon
陣痛の始まりと痛みとは…?前駆陣痛・本陣痛の時期と長さについても解説!

前駆陣痛はいつ起こりやすい?

夜中に前駆陣痛を感じることが多いという意見は少なくありません。夜を通して感じていた前駆陣痛の痛みが、朝になると治まるという人もいます。夜中に痛みを感じてなかなか眠れないときは、痛みが和らぐよう身体を温めたり姿勢を変えたり自分が心地良いと感じる対応策を検討してみてくださいね。

前駆陣痛の特徴は?どんな痛みや症状を伴う?

Image

お腹の痛み

前駆陣痛の痛みの感じ方には、個人差があります。チクチクとした生理痛や下痢に近い痛みを感じる人が多いといわれています。前駆陣痛中は子宮の収縮が起こっているので、生理痛や下痢のときの痛みのように下腹部痛を感じるのかもしれませんね。

Article link icon
前駆陣痛の症状は?痛み・間隔・長さは?いつ病院に行けば良い?

お腹の張り

前駆陣痛が始まるとお腹が張ることがあります。頻繁にお腹が張ると赤ちゃんは大丈夫かな、と心配に思うかもしれませんが、お腹が張るのは前駆陣痛の症状であることがほとんどです。特徴として、張りを感じてからしばらくすると治まり、また張りが始まるという不規則な症状がみられます。ただし、異常にかたいお腹の張りがある場合や張りがいつまでたっても治まらない場合は、前駆陣痛以外の症状の可能性が考えられるので病院に行くようにしましょう。

また、前駆陣痛が始まるとお腹の張りのほかに痛みを感じることがあります。前駆陣痛の痛みの感じ方には人によって差はあるものの、生理痛のときのようなチクチクとした痛みや下痢に近い痛みだといわれています。前駆陣痛中は子宮の収縮が起こっているので、生理痛や下痢のときの痛みのように下腹部に痛みを感じるのかもしれませんね。

腰痛

お腹の痛みや張りの症状に加えて腰痛を感じることもあります。出産が近づき前駆陣痛が始まるころには、赤ちゃんの頭はママの骨盤の方に下がります。そのときに骨盤の周りに負担がかかるので腰痛となって表れるのです。大きくなったお腹が原因で起こる腰痛ももちろんありますが、痛みが不規則だったり、今まで感じることのなかった腰痛を感じるようになったりしたらもうすぐ本陣痛が始まる合図かもしれません。

Article link icon
普通の腰痛と陣痛の腰痛の違いは?陣痛の緩和方法についてもご紹介!
Article link icon
臨月の腰痛は出産の兆候?臨月の腰痛の原因と対処法とは

吐き気

臨月に入りお腹の中の赤ちゃんが骨盤の方に下がると、今まで圧迫されていた胃に余裕が生まれます。そのため一般的には胃にすっきり感が出るといわれていますが、なかには胃の圧迫感とは別に吐き気を感じる人もいます。出産が近づくと体内のホルモンバランスが複雑に変化して身体にさまざまな変化が起こるようになり、吐き気となって症状が表れることがあるためです。

気持ち悪い状態が続く場合は、消化に良いものを食べたり、少しずつ食事をとるようにしたりして胃へのストレスを和らげてあげてくださいね。ただし、あまりに吐き気がひどいときは別の病気の可能性もあるので、無理はせず医師に相談するようにしましょう。

Article link icon
陣痛時の吐き気は出産の予兆?陣痛の前・始まりに吐き気を感じる原因は?
Article link icon
臨月に吐き気がひどい!妊娠後期つわり?下痢や頭痛、腹痛を伴うときの対処法

前駆陣痛がない人もいる?初産婦と経産婦の違いは?【体験談あり】

Image

前駆陣痛がない人もいる

前駆陣痛は本陣痛や出産の大切な兆候のひとつですが、前駆陣痛を感じないまま本陣痛をむかえる人もいます。症状の表れ方や感じ方は人によって異なるので、はっきりとした前駆陣痛の症状を感じられなくても過度に神経質になる必要はないでしょう。前駆陣痛の痛みは不規則なため胎動による痛みだと思い込んだり、ただの腰痛だと勘違いしたりすることもあります。このように、そのときは気づかなくても、後になってあのときの症状は前駆陣痛だったのかと気づく人もみられるのです。

なかには前駆陣痛が起こらなかったら本陣痛が来ないのではないか、と心配になる人もいるかもしれません。しかし前駆陣痛の症状が表れないだけであって、前駆陣痛の原因である子宮の収縮が起こっていることがあります。予定日を大幅に過ぎない限り、痛みや張りの症状を感じられなくても特に問題はないでしょう。前駆陣痛はママがリラックスしているときに起こりやすいといわれています。前駆陣痛を感じられず心配に思うときは、できるだけリラックスして過ごすようにしてみてくださいね。

Experience icon
先輩ママの体験談

臨月直前になっても前駆陣痛がなく、こんなものなのかなと特に気にしていませんでした。しかし妊婦健診で切迫早産になっていることがわかり入院したところ、本陣痛が始まっていると先生に告げられてとても驚きました。私は本陣痛もあまり痛みを感じなかったため、前駆陣痛も気づかなかっただけかもしれないと助産婦さんに言われました。

初産婦と経産婦の違い

前駆陣痛の痛みや間隔、有無に関しては初産婦・経産婦ともに個人差があります。ただし経産婦は初産婦に比べて、「お産の進み方が早い場合がある」点には注意が必要でしょう。

前駆陣痛だと思っていたら本陣痛だったというケースもあります。不安なことがあれば、自己判断せず病院に受診すべきか電話で確認しましょう。次の妊婦健診まで我慢する必要はありません。また、一人目と二人目で前駆陣痛や陣痛の感じ方が異なる場合もあります。

Article link icon
おしるしから陣痛までの流れとは?初産婦と経産婦の違いについて
Article link icon
陣痛の兆候・始まりを見逃さないで!腰痛・吐き気・おりもの・胎動などの前…

前駆陣痛と本陣痛は何が違うの?

Image

出産兆候か、出産開始か

子宮口が完全に開く本陣痛に対して、必ずしも子宮口が開くとは限らないのが前駆陣痛です。本陣痛を感じたらいよいよお産が始まりますが、前駆陣痛はお産が近づいている兆候という捉え方で問題ないでしょう。

臨月にお腹の痛みを感じると本陣痛が来た、と焦ってしまうかもしれませんが、本陣痛と前駆陣痛は症状に違いがあります。まずは落ち着いて様子をみましょう。

痛みを感じる間隔に違いがある

前駆陣痛では痛みに規則性がなく、しばらくすると痛みが遠のき、不規則なタイミングで次の痛みを感じる傾向があります。一方で本陣痛は痛みに一定のリズムがあり、痛みを感じてから次の痛みが来るまでが規則的です。本陣痛はだんだんと間隔が短くなっていくため、痛みを感じたタイミングをアプリなどで記録しておくと良いでしょう。

なお本陣痛の場合は初産婦は10分間隔、経産婦は15分間隔になった時点で病院に連絡するように言われる人が多いようです。

痛みの感じ方に違いがある

前駆陣痛と本陣痛では、痛みの強さにも違いがあります。前駆陣痛の痛みの感じ方には個人差がありますが、生理痛のようにお腹がキュッとなるという意見が多いようです。前駆陣痛では、強い痛みを感じてもなんとか耐えることができ、痛みが遠のいているあいだは自宅で日常生活を送れることがほとんどです。

本陣痛はだんだんと痛みが強くなり、前駆陣痛とは比べものにならないほどの強い痛みを感じます。まれではありますが、痛みの間隔にリズムがあったので病院にいったところ前駆陣痛だったということもあるので、判断に迷う場合は痛みの強さもみるようにしましょう。

Article link icon
陣痛の「わからない」を解決!間隔の測り方やお腹の張りとの違い
Article link icon
前駆陣痛から本陣痛までの期間は?前駆陣痛から出産までの流れ

前駆陣痛とともに出血することはある?

Image

「おしるし」の可能性が高い

妊娠後期から臨月に出血があった場合、いよいよ出産が近づいているという合図でもある「おしるし」の可能性があります。このため、前駆陣痛のあいだにみられる出血も「おしるし」かもしれません。

基本的には、おしるしと前駆陣痛が確認できた場合でもすぐに病院に行く必要はありません。ただし、おしるしや前駆陣痛があったことは妊婦健診時などに伝えてくださいね。また、いつ本陣痛が始まっても良いように入院の準備をしておけると安心ですね。

Article link icon
おしるしの色や量は?臨月のおしるしの特徴と他の出血、尿漏れ、破水との違い
Article link icon
前駆陣痛やおしるしが来たら?本陣痛までの流れと体調の変化

注意が必要な出血の可能性もある

基本的に前駆陣痛中の出血はおしるしである可能性が高いですが、ごくまれに「常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)」が起こり出血することがあります。

通常、お腹の中の赤ちゃんに栄養を送っている胎盤は、赤ちゃんが生まれた後に子宮壁からはがれて外に排出されます。しかし、赤ちゃんが生まれるよりも前に胎盤が子宮壁からはがれてしまうことがあります。この症状を「常位胎盤早期剥離」と呼びます。発症した場合は母子ともにリスクをともなうので、できるだけ早くに発見する必要があります。他にも病気や他の要因で出血している可能性はあるでしょう。

少しでも出血に違和感がある場合や不安な場合には、自分で判断せずに医師に相談するようにしましょう。

Article link icon
妊娠後期に出血!少量の鮮血や茶色い出血の原因は?

前駆陣痛が痛すぎるときの対処法は?

Image

本陣痛と比べれば痛みが弱い傾向があるとはいっても、前駆陣痛にもかかわらずうずくまって動けなくなるくらいの強い痛みを感じる人もいます。もうすぐ赤ちゃんに会える日が近づいているとはいえ、強い痛みが続くとつらいと感じるかもしれません。

強い痛みが続くときは体勢を変えると痛みが和らぐことがあります。本陣痛が始まり痛みが強くなってきたときにそなえて、前駆陣痛のあいだに自分の楽な体勢を見つけておけると良いですね。また、体勢を変えるほかに身体を温めることで痛みが和らぐこともあります。温かい飲み物を飲んだり、湯船に浸かったりして身体を温めると良いかもしれませんね。

ただし前駆陣痛がない人もいるため、あまりにも耐えられないような痛みが続く場合にはすぐに病院に連絡しましょう。

Article link icon
妊娠中の寝方、仰向けはだめ?シムスの体位など楽な寝方や抱き枕、腰痛・寝…

前駆陣痛はいつまで続くの?【体験談あり】

Image

前駆陣痛で強い痛みを感じる日が続くと、痛みはいつ終わるのか、そのまま本陣痛まで続くのか、気になる人もいるのではないでしょうか。一般的に症状の表れ方が人によって異なるように、前駆陣痛の期間にも違いがあります。単に症状が弱く気づいていないこともありますが、短い人のなかには痛みを感じるのは1日だけという人もいます。一方で、長い人は何日も症状が表れ、1ヶ月以上痛みを感じるケースもあります。

また、痛みが治まってきてから次の痛みが起こるまでの時間にも違いがあります。前駆陣痛の痛みは不規則であるといわれているように、数日おきに痛みを感じる場合もあれば、数分間隔で痛みを感じることもあるでしょう。

Experience icon
先輩ママの体験談

妊娠37週目に入りお腹に軽い痛みを感じ始めたので、そろそろ出産が近いことがわかりました。しかし本陣痛が始まったかもと思うたびに痛みが遠のき、「また違った」と思うことの繰り返しでした。上の子と同じように下の子も妊娠37週目で産みたいと思っていたのですが、結局1ヶ月ほど痛みは続き、思わせぶりな前駆陣痛でした。

前駆陣痛が遠のいてきたら?

Image

一般的には本陣痛をむかえるまでに前駆陣痛はいったん治まるといわれています。前駆陣痛が治まるとつらい症状が遠のいてほっとすると同時に、もうすぐ出産が始まる、と緊張したり焦ったりしてしまうママもいるかもしれません。

しかし、前駆陣痛がなくなってもすぐに本陣痛が始まるとは限りません。まずは落ち着いてできるだけリラックスするようにしましょう。前駆陣痛が遠のいてからなかなか本陣痛が始まらないと不安に思うことがあるかもしれませんが、基本的には問題ないので安心してくださいね。

予定日を大幅に過ぎていない限りは、無理のない範囲で身体を温めたり動かしたりして自然な陣痛を促してみるようにすると良いでしょう。いつ本陣痛が始まっても焦らなくてすむように病院へ行く手段を確認したり、入院の準備をもう一度チェックしたりするのも良いですね。

Article link icon
陣痛が来ない!予定日を過ぎたらこれを試してみよう!
Article link icon
臨月なのに陣痛がこない!陣痛を促す方法はあるの?

前駆陣痛の症状は人によってさまざま

Image

前駆陣痛は出産が近づいていることを示す大切なサインです。臨月に入り予定日が近づいて来ると前駆陣痛の症状が気になるママも多いかもしれませんが、前駆陣痛の症状は人によって本当にさまざまです。前駆陣痛がなかなか始まらない場合や、症状に気づかない場合もあるので必要以上に神経質になる必要はありません。どうしても不安に思うことがあれば調べたり、医師に相談したりして気持ちを和らげるようにしましょう。リラックスすることがきっかけで前駆陣痛を感じることがあるかもしれませんよ。

あわせて読みたい

陣痛はなぜ痛い?痛みの耐え方やメカニズムを解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/8283
Image
陣痛待ちのイライラ・疲れの緩和法!おすすめの待ち方・陣痛促進方法は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29446
Image
破水があったのに陣痛がこない場合は誘発剤を使う?出産までにかかる時間は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29186
Image
前駆陣痛と胎動の違いは?痛みと激しさ、胎動の種類とは
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/22730
Image
お迎え棒に陣痛を促す効果はあるの?臨月のセックスの注意点は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/22667
Image
陣痛が5分間隔に!出産までどのくらい?子宮口が開かないこともある?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29400
Image