更新日:2019年01月18日

妊娠初期の疲れやすさはいつまで続く?疲れやすさの理由と対処法

妊娠したとわかってから、身体がだるい、疲れやすいと感じる妊婦さんは多いことでしょう。妊娠初期の疲れやすさの原因は、一体何なのでしょうか。妊娠初期の疲れやすさの理由と対策について、先輩ママへのアンケートを交えながら解説します。

監修 : ままのて 医師・専門家
335802
0

妊娠初期の疲れやすさとは?

妊娠初期の疲れやすさは、妊娠初期症状のひとつです。妊娠初期症状には、疲れやすさ以外にも「眠い」「だるい」「イライラする」「めまいがする」など、さまざまな症状があります。

妊娠初期はとにかくだるいし眠かったです。風邪の症状と似た感じもあり、妊娠に気づく前は頭痛もあったことから、風邪かな?と思っていました。 仕事が立ち仕事だったのでお昼休憩のあとは疲れのせいで笑顔になんてなれませんでした。頭痛とだるさ、それに加えつわりで嘔吐。食事も喉を通らないし、無理して食べるとまた嘔吐。しょっぱなから泣いてばかりでした。毎日、家に帰るとバタンキュー。 朝もパッと目が覚めすぐに行動できるほうでしたが、なかなか布団から出られなくなり憂鬱な毎日でした。(佐々木はるさん/出産当時20代)
私の場合は、妊娠初期からずっと、とにかく眠くて眠くてしかたがありませんでした。1人目の子どものときには、最低限の家事や主人の送り出し・お迎えなど以外は一日のほとんどを睡眠に費やしたくらいです。もともと睡眠をしっかりとらなければ、日中はつらつと動けなかった私ですが、そんな私でさえも異常かな?と思えるほどの睡魔でした。2人目のときには、1人目の育児もあったので、前回のような睡眠時間はとれませんでしたが、やはり眠気に耐えきれず、子どもと一緒にお昼寝をしていました。眠りが深すぎて 、起きてみるとびっくりするような時間だったことも多々あります。(aoiさん/出産当時30代)

アンケート:妊娠初期に疲れやすさを感じましたか?

ままのてユーザー130人にアンケートをとったところ、妊娠初期に疲れを感じていると答えたママは87.5%でした。ほとんどのママが疲れやすさを感じているようです。妊娠は身体に大きな変化をもたらすため、ママの身体にも大きな負担がかかっているようです。

妊娠初期に疲れやすい理由

Image

ホルモンバランスの変化

妊娠初期に疲れやすくなる理由のひとつに、妊娠によるホルモンバランスの変化が挙げられます。妊娠すると、プロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が盛んになります。プロゲステロンが分泌されることにより、妊婦さんの体温は上昇し、熱っぽいようなだるさの原因となります。そのようなだるさが続くと、疲れやすい状態となるのです。

妊娠初期は見た目の変化は少ないものの、体内のホルモンバランスの変化は大きく、自分が思っている以上にエネルギーを消費しているという状態です。妊娠初期は疲れやすさもしかたのないものだととらえましょう。

お腹の赤ちゃんが育つための環境作り

お腹の赤ちゃんがきちんと育つ環境づくりのため、身体が急激に変化していくことも疲れやすさの原因。お腹の赤ちゃんのために身体をしっかり休めようとするために起こる生理的な眠気のせいで、「なんとなく疲れやすい」と感じてしまうママもいるようです。

お腹もまだあまり大きくなく、胎動も感じないような妊娠初期から、お腹の赤ちゃんのことを守ろうとするママの身体の仕組みはすごいものですよね。

眠っても眠っても疲れているので、疲れがたまっているとか体力が無いとかいう問題ではなく、赤ちゃんが私に「休んでいいんだよ」と言ってくれているんだと思うようにしました。 それまでは何かと「~しなくちゃ」と思っていたので、気持ち的にも疲れていたのですが、休んでいいんだと思うようになってからは気持ちが楽になり、旦那にも「明るくなったね」とふざけてですが、いやみのように言われました。 妊娠初期の疲れは本当にどうしようもない生理現象だし、特に大事な時期なので、お母さんが楽なように過ごすことが一番よいと思います。(KMさん/出産当時20代)

妊娠初期の疲れやすさはいつまで続く?

Image

いつまで続くかは人それぞれ

妊娠初期症状という名称ゆえに、妊娠の初期を過ぎると疲れやすさも落ち着くだろうと思いがちですが、落ち着く時期は人それぞれ。もともとなかったという人もいれば、出産の頃まで続いたという声も。個人差があることをふまえて、参考にしてください。

つわりが落ち着くころまでが目安

妊娠初期症状の疲れやすさのピークは、一般的に妊娠4ヶ月頃だとか。つわりが落ち着いてくる時期が目安といわれています。

また、疲れやすさの主な原因のひとつにプロゲステロンというホルモンの分泌がありますが、プロゲステロンの分泌量は妊娠6ヶ月を過ぎると徐々に減少していきます。これらをあわせて考えると、遅くとも6ヶ月頃には疲れやすさが落ち着いてくるママが多いようです。

妊娠初期の疲れやすさの対策

Image

妊娠初期の疲れやすさの対策として、自分で気軽にできることを紹介します。

リラックスする

まずはリラックスしましょう。焦ったり落ち込んだりという気持ちはホルモンバランスをさらに崩し、疲れやすさを助長する原因になります。アロマをたくなどして、部屋でゆっくり過ごすのもおすすめです。アロマについては、妊娠初期はつわりの影響もあり柑橘系が好まれるようですが、自分自身が一番心地良く感じられる香りを選びましょう。

ただし、アロマやハーブの一部には子宮の収縮を促すものがあります。妊婦さんには向かないものもあるので、特性や効能をよく確認したうえで使用しましょう。

Ec maternity b01
出典:www.amoma.jp
マタニティブレンド
¥1,851〜(2019/01/18 時点)

妊婦さんでも飲めるおすすめのハーブティーのひとつが、「AMOMA」のマタニティブレンドです。

昔から「すっきりのハーブ」として使われてきたダンデライオンや、鉄分・ビタミンC・葉酸を含み、妊婦さんのためのハーブとも呼ばれているネトルなど、8種のハーブがブレンドされています。オーガニック原料が使われているのも嬉しいポイントですね。ティーバッグなので手軽にハーブティーを楽しむことができますよ。

販売サイトはこちら
Image
【妊活・妊娠・授乳・卒乳】ママに人気のAMOMAのハーブティー・オイルとは?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28364

家事は適度に手抜きする

家事を一生懸命にやりすぎず、適度に手抜きすることも対策としておすすめです。そもそも赤ちゃんが生まれたら、家事はなかなか完璧にこなせないもの。その予行練習と心得て、少しずつ、上手な手の抜き方を覚えておきましょう。パパが家事が苦手な場合は、この機会に覚えてもらうのも良いかもしれません。

軽い運動をする

マタニティヨガやストレッチなどの軽い運動も、妊娠中の疲労回復や気分転換におすすめです。妊娠超初期はくれぐれも無理せず、13週以降で体調の良いときに身体を動かすのが良いでしょう。毎週通うようなパターンのものでなく、自分のペースで通えるものや単発のものを選ぶと良いですね。妊婦さんの体調は日々変わるので、とにかく無理は禁物です。

つわりのピークの時には毎日吐いていたので、毎日つらい日々で、対処のしようもなかったです。毎日毎日、寝て過ごして、とにかくいつかつわりも終わると信じて、まだ小さいお腹の赤ちゃんのエコー写真を眺めていました。でも、たまに外出して、外の空気を吸ってみると、意外と吐き気がおさまることもあり、しんどいけど、がんばって外出する日も作るようにしていました。健診の日は、なぜか吐き気がおさまっていました。たぶん、お腹の赤ちゃんの様子を見られるのが楽しみだったからだと思います。(M.Tさん/出産当時30代)
Image
妊娠初期の運動の影響とは?避けた方が良い運動とおすすめの運動
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/20295

疲れたら休憩する

疲れたと感じたらすぐに休憩しましょう。家事の途中でも、一息つくつもりで休憩すれば、疲れも少しやわらぐでしょう。無理してがんばってしまうと、疲れがさらにひどくなってしまいます。

仕事を持つ妊婦さんの場合

Image

リラックスや休憩をするのが良いといっても、仕事を持つ妊婦さんには難しいこともあるでしょう。仕事を持つ妊婦さんのための、妊娠初期の疲れやすさ対策を紹介します。

妊娠していることを職場に報告する

仕事を持つ妊婦さんの場合、一番大事なのは「職場の上司への早めの報告」。まずは直属の上司に、自分が妊娠したことを伝えましょう。仕事の調整や疲れたときの休憩などには周囲の理解が必要です。妊娠初期は、まだ隠しておきたいという気持ちもあるものですが、自分や赤ちゃんにとって、隠しておいてよかったということは基本的に無いでしょう。

つわりなどで業務に支障をきたす場合は、医師に診断書を書いてもらえる場合もあります。上司にはその前に報告を済ませておくとスムースです。

Image
いつ職場に妊娠を報告する?会社の上司や同僚への報告の順番や言い方
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/7606
Image
妊娠初期の働き方で気をつけることは?仕事を休むときや辞めたいときは?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/8129

こまめに休憩をとる

仕事の合い間に少しずつ休憩をとるように心がけましょう。立ち仕事の場合は、少しずつでも座れる時間を作ると良いですね。お茶を飲んで一息つく、トイレに行く、外の空気を吸うなど、一日の中でちょっとした休憩をこまめにとれば、気分も良くなり、疲れやすさを悪化させることはありません。

仕事はデスクワークだったので、仕事中はできるだけハイヒールからスリッパに履き替え、足がむくむのを軽減するようにしました。お昼もなるべくお弁当を持って行き、デスクで食べたらお昼休み中は少しの間でも寝るようにして、体力を温存しました。自宅に帰ってきてからは、食事を作るのも食べるのもつらかったので、主人に協力してもらい、自分のごはんを作ってもらうようにし、私はなるべくベッドで横になるようにして身体を休めました。(Hachiさん/出産当時30代)

背伸びをしたり重いものを持ったりしない

背伸びをすることは母体に直接的な危険はありませんが、背伸びをしてお腹に力が入ってしまうと、赤ちゃんに悪影響をおよぼす危険性があります。背伸びをしたり、重いものを持ったりする行為はなるべく避け、妊婦さんにできないことはひとに任せましょう。

通勤ラッシュを避ける

通勤ラッシュは、どうしても身体が疲れる原因に。通勤ラッシュを避け、時間に余裕を持った出勤をすることで、疲れやすさも改善され、気分も良くなりますよ。

冷暖房の強さに気をつける

冷暖房が強すぎると身体が疲れる原因に。職場で温度管理が可能な場合は、冷房は25~28℃、暖房は18~22℃に設定するのがおすすめです。

また、睡眠時に冷暖房がつけっぱなしだと、深い眠りにつくことができないといわれます。眠る前には部屋を快適な温度にし、冷暖房を切ってから眠りにつくと良いでしょう。

自分なりの疲れ対処法を見つけて

妊娠初期症状としての疲れやすさは、感じ方に個人差こそあれ、ほとんどの妊婦さんが経験することです。妊娠中にちょっとしたことで疲れを感じたら、疲れやすさ対策も参考に、自分なりの疲れ対処法を見つけて実践してみてくださいね。

妊娠初期には葉酸を

妊娠1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月の女性は葉酸を摂取するよう心がけましょう。厚生労働省は妊娠可能性のある女性に対し、食事からの摂取に加えて1日400μgの葉酸を摂取することを推奨しています。

Yp1 s1 2
出典:belta-ad.jp
ベルタ葉酸サプリ
¥3,980〜(2019/01/18 時点)

ベルタ葉酸サプリは400μgの葉酸を摂取できるほか、鉄分やカルシウム、ビタミン、ミネラルや美容成分も一緒に摂取でき、妊娠中の健康維持に役立ちますよ。

葉酸を効率良く摂取できるように体内にとどまりやすい「酵母葉酸」を使用している点もこだわりポイントのひとつです。香料、着色料、保存料などを使用していないところもうれしいですね。サプリメントの大きさは直径9mmと小さく飲みやすいですよ。

公式サイトはこちら

あわせて読みたい

Image
葉酸サプリおすすめ人気ランキング!妊活・妊娠中の効果や口コミをご紹介
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28265
Image
妊娠すると胸の張りはいつから?妊娠初期の胸の張りがない・なくなるのは大丈夫?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/15781
Image
妊娠初期の倦怠感の原因と対処法
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/20231
記事内で紹介する商品は、ままのて編集部において選定しています。当該商品および商品の紹介文は、ままのての監修医・専門家による推奨や監修を受けたものではございませんのでご注意ください。妊娠中・授乳中の方や持病のある方は、事前に医師に相談の上ご使用いただくことをおすすめします。

関連カテゴリ

関連する人気の記事

妊娠・出産のカテゴリ

おすすめの記事