妊娠38週|赤ちゃんの成長と妊婦の身体の変化・過ごし方【イラスト・写真付き】

【医師監修】妊娠38週(38w)は、妊娠10ヶ月の3週目です。出産予定日まであと2週間、赤ちゃんが十分に育っている「正期産」という時期になります。お産に向けて子宮口が柔らかくなり、なかには少し開いてくるママも。妊娠38週目の赤ちゃんや、おりものの増加や下痢などママの身体の変化、お産までの過ごし方について解説します。

283103

この記事の監修

Image
産婦人科医
藤東 淳也

目次

  1. 妊娠38週の赤ちゃんの成長の様子
  2. 妊娠38週の妊婦の身体の変化と症状
  3. 出産の兆候と子宮口が開くタイミング
  4. 妊娠38週の過ごし方と注意点
  5. 妊娠38週のママへ
  6. あわせて読みたい

妊娠38週の赤ちゃんの成長の様子

妊娠38週の赤ちゃんの基礎情報 身長、体重、発達

Image
身長
体重
発達
49〜50cm2500〜3500g・皮下脂肪が十分につく ・胎毛が抜け、胎脂が取れる ・へその緒の状態が確認できる ・胎動が減る場合もある

妊娠38週目の赤ちゃんは、身長が49~50cm、体重が2500~3500g程度に成長しています。新生児の服のサイズが50〜60cmなので、もういつ生まれても良い大きさといえますね。ここから成長のスピードはゆっくりになります。

赤ちゃんには十分に皮下脂肪がつき、エコーで見てもかわいい姿が確認できるでしょう。これまで赤ちゃんの身体を覆っていた胎毛が抜け落ち、皮膚を羊水から守っていたクリーム状の胎脂も少なくなってきます。

エコーではへその緒の状態が確認できます。赤ちゃんの手や首にへその緒が巻きついていても、医師に何か言われない限りは問題ないことがほとんどです。妊娠38週で逆子の場合は、位置が変わる可能性が低いため、予定帝王切開の話が出るかもしれません。

妊娠38週の赤ちゃんのエコー画像

この時期の赤ちゃんをエコーで見ると、あごを胸につけ、ひざをお腹に引き寄せた姿勢を取っていることが多いようです。お産を待っている状態ですね。

皮下脂肪もしっかりとついて、顔立ちもはっきりわかるようになります。エコー写真を見ながら、パパとママどちらに似ているかを話し合っても楽しいですよ。

妊娠38週の妊婦の身体の変化と症状

妊娠38週の妊婦の身体の変化と子宮やお腹の大きさ

Image

妊娠38週目になると、赤ちゃんはお産に向けて徐々に下がり、骨盤内にすっぽりはまっていきます。赤ちゃんが下りてくると、お腹のふくらみの位置も下がるので、外観からわかる人もいるようです。バランスが取りにくくなり、足元も大きくなったお腹で見えにくいので、十分気をつけて歩きましょう。

赤ちゃんが通る産道も、少しずつ変化します。まず、子宮と腟をつなぐ「子宮頸管」がどんどん柔らかくなり、伸びやすくなります。この時期、子宮頸管は粘液で満たされるため、おりものが増えたと感じる人もいるかもしれません。

子宮頸管が柔らかくなると、子宮口が開いていきます。子宮口が開いても、すぐに分娩が始まるわけではありません。1〜2cm程度開いた状態が、しばらく続くこともあります。分娩時、子宮口は最大で10cmほど開きます。

子宮の大きさ
お腹の大きさ
外見の変化
32~35cm(子宮底長)最大限に大きくなり、ふくらみが少し下がる・お腹が少し下がる ・おりものが増える

妊娠38週にあらわれやすい症状 吐き気、下痢、おりもの…

Image
症状
対策
吐き気少量をこまめに食べる
頻尿・尿漏れトイレを我慢しない
下痢消化に良いものを食べる
腰痛ストレッチをする
おりものの増加ナプキンを利用する
しびれ、こむら返り血行促進のマッサージをする

妊娠38週になると、子宮のふくらみと赤ちゃんの重みで、膀胱への圧迫が強くなります。トイレが近くなったり、ふとした瞬間に尿漏れしたりすることも多くなるかもしれません。トイレに行きたいときは我慢せず、おりものシートなども活用しましょう。

お産に備えて、ママの産道が赤ちゃんが通り抜けやすいように変化していく時期です。子宮頸管が柔らかく伸び、中を満たす粘液も増えます。おりものが増えたと感じるのはこのためです。骨盤に負担がかかるため、腰痛に悩まされるママも多いようです。

また、寝ているときに突然足がつったり、手や足のしびれに悩まされたりすることもあります。血行不良や神経の圧迫が一因かもしれません。血行の改善には、マッサージや温浴が良いといわれています。適度な運動も大切ですね。しびれがひどいときは医師に相談してみましょう。

出産の兆候と子宮口が開くタイミング

Image

妊娠38週は、出産予定日の2週間前です。しかし、必ずしも出産予定日に生まれるわけではありません。予定日ちょうどに出産する確率は、初産婦で5.6%、経産婦で4.8%程度といわれています(※1)。ママはいつ陣痛が起こってもパニックにならないように、事前にお産の兆候などを知っておくと良いでしょう。

前駆陣痛

出産の兆候のひとつが「前駆陣痛」です。お産にはつながらないお腹の張りで、痛みの間隔が不規則で、そのうちに消えてしまうのが特徴です。そのまま本陣痛につながる場合もあるので、お腹の張りを感じたら痛みの間隔を計測する癖をつけると良いでしょう。

前駆陣痛が起こっても、すぐに子宮口が開くわけではありません。人によっては数週間、お産が始まらないこともあります。早く出産したいと焦るかもしれませんが、リラックスしてそのときを待ちましょう。痛みの間隔が10分ごとに定期的に起こるようになると本陣痛の可能性が高いので、病院に連絡してみましょう。

前駆陣痛から本陣痛までの期間は?前駆陣痛から出産までの流れ
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/22688
Image

おしるし

産徴と呼ばれることもある「おしるし」は、お産の兆候のひとつです。おしるしは、おりものに血液が混じった状態で確認できることが多いでしょう。ただし、血の量や色は個人差があります。おしるしが起こると、数日以内に出産が始まるとされています。おしるしがなかったママも多くいるようです。

また、おしるしだと思っていたら「常位胎盤早期剥離」という胎盤がはがれてしまう病気だったというケースもあります。胎動の有無をチェックして、心配なことがあればすぐに病院に連絡しましょう。

破水

一般的に陣痛が進んでから破水するケースが多いですが、なかには破水が先に起こることもあります。破水も個人差があり、ザバッと一気に漏れることもあれば、少量ずつ漏れることもあります。

尿漏れと区別がつかないこともありますが、自分の意思で止められなければ破水の可能性があります。感染のリスクがあるため、お風呂には入らずに病院にすぐに向かいましょう。

破水とは?色や量、においの見分け方と破水の種類
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/8434
Image

子宮口はどうやって開く?

本陣痛が始まると、子宮口は徐々に開き、最終的には10cm程度まで開きます。この時点で破水が起こることが多いようです。

陣痛が始まってから子宮口が全開大になるまでは、初産婦で10〜12時間、経産婦で4~6時間ほどです。長丁場ですから、陣痛がおさまっているときは、なるべく休んで体力を温存しましょう。

妊娠38週の過ごし方と注意点

Image

健診で子宮口の硬さを確認

妊娠38週ごろの健診では、医師が内診で子宮の硬さを確認することもあります。子宮口の開き具合も確認しますが、開いていないからといって焦る必要はありません。

子宮口が硬く出産の徴候が見られない場合、医師の方針によっては卵膜を子宮の壁から少しはがす「卵膜剥離」を行うこともあります。指で子宮口付近をぐりぐりと刺激するため「内診グリグリ」と呼ぶ人もいるようです。

体重の急増に注意する

妊娠38週を過ぎると、みぞおち近くまで達していた子宮が、お産のために下がってくることがあります。胃もたれや胸焼けが解消することで、一度にたくさん食べてしまうかもしれません。体重増加が激しい時期でもあるため、最後まで油断せずに食事に注意し、軽い運動を続けましょう。

帝王切開の予定を決める

逆子や前置胎盤、妊娠高血圧症候群などの診断を受けている場合、妊娠38週で予定帝王切開となることもあります。時期や手術方法に関しては医師と十分に話し合い、流れやリスクをよく理解したうえで手術に備えましょう。

外出は持ち物に気をつけて

妊娠38週を超えたら、なるべく遠出は控えましょう。外出するときは、誰かと一緒に行ったほうが安心ですよ。近場でも、持ち物には気をつけましょう。以下のものは必ずカバンに入れておくと良いですよ。

・健康保険証
・診察券
・母子手帳
・携帯
・ナプキン(破水に備える)

心の準備と一緒に入院の準備も進めておきましょうね。

性行為は体調をみて

パートナーとの性行為は、ママの体調によっては控えたほうが良いでしょう。お腹が張っていたり、生理痛のような痛みがあったりするときは、止めたほうが良いですね。医師に安静を指示されているときも、止めたほうが良いでしょう。性行為の際はママに負担がかからないように、腹部を圧迫しない体位にしておきましょう。感染症を防ぐため、コンドームも必ず着けましょうね。

妊婦生活の終わりを楽しむ

妊娠38週になると、長かった妊婦生活にも終わりが見えてきます。つわりやマイナートラブルなど、いろいろ大変なこともありますが、終わりを迎えるとなると寂しくもありますね。

お産のことを考えると不安で眠れないというママもいますが、眠れないときは無理に寝ようとする必要はありません。赤ちゃんをお腹の中で感じる時間もあと少しです。赤ちゃんに話しかけたり、好きな音楽を聞いたりと、リラックスしながら残りを楽しく過ごしましょう。

お肌のケアは最後まで

お肌のケアは、出産前も忘れずにしておきましょう。乾燥や妊娠線など妊娠中は肌トラブルに悩む人が少なくありません。きれいな肌を保ったまま、赤ちゃんと対面したいですね。

ベルタ「マザークリーム」

Mother出典:belta-ad.jp
ベルタマザークリーム
¥4,980〜(2019/04/17 時点)

妊娠中はにおいに敏感になる時期なので、香りにもこだわって開発されているベルダのマザークリームも良いでしょう。無添加でオーガニックなので、赤ちゃんにも使えますよ。

ノコタ「アフターボディトリートメントクリーム」

Image
ノコア アフターボディトリートメントクリーム
¥6,980〜(2019/01/22 時点)

ノコアの「アフターボディトリートメントクリーム」は、ビタミンC誘導体を含み、皮膚のうるおいを保つボディクリームです。オーガニック成分を凝縮し、肌へのやさしさを追求しているので、顔にも使うことができますよ。

やさしいネロリの香りなので、妊娠中でにおいに敏感なママもリラックス効果が期待できそうですね。夏の紫外線ケアや乾燥が気になる季節のボディケアマッサージにもおすすめです。

■この商品に関する口コミ
・2週間ほど使用した感じとしては肌がすごく滑らかになり気に入っています。
・塗り心地はしっかり肌にくっつくようないい感じです。香りもきつくなく、続けられそうです。
・まだ使い始めですがしっとりして保湿されている感じがします。期待を込めてひとまず使い切りたいと思います。
引用元:http://review.rakuten.co.jp/item/1/299539_10000043/1.1/?l2-id=item_review

妊娠38週のママへ

Image

妊娠38週目になると、出産予定日ももうすぐですね。楽しみと不安が入り混じる、複雑な心境かもしれません。こむら返りやお腹の張りなどのマイナートラブルが続きますが、あともう少しの辛抱ですよ。

この時期には前駆陣痛やおしるしなど、出産の兆候が見られるかもしれません。ママの身体もお腹の赤ちゃんも出産の準備を始めています。落ち着いた毎日を過ごしつつ、そのときを待ちましょうね。

あわせて読みたい

臨月にお産を早めるにはどうすればいい?オロナミンCがいいって本当?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/6476
Image
妊娠38週ってどんな時期?前駆陣痛と受診する目安とは
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/21872
Image
妊娠39週|出産の兆候は?胎児の成長と妊婦の過ごし方【エコー写真】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/6332
Image
妊娠週数一覧!赤ちゃんと妊婦さんの身体の変化と成長のまとめ
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/16229
Image
「妊娠38週の時ってみんなはどうしてるの?」先輩ママの体験談をアンケート大調査!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/12973
Image