妊娠5ヶ月でもつわりが終わらない!吐き気が続いて気持ち悪いときの原因と対処法

一般的に、妊娠5ヶ月はつわりがおさまるとともに、赤ちゃんの成長にともないお腹が大きくなり始める時期です。しかし、妊娠5ヶ月を過ぎてもつわりが終わらず不安に思うママもいます。ここでは妊娠5ヶ月にみられる、急な吐き気・嘔吐・胸焼けなどの症状の原因と対処法について解説していきます。

90962

この記事の監修

Image
産婦人科医
藤東 淳也

目次

  1. 妊娠5ヶ月の母体と赤ちゃんの様子
  2. 一度おさまったつわりが妊娠中期に再開することはある?
  3. 妊娠5ヶ月の吐き気や気持ち悪さの原因
  4. 妊娠5ヶ月のつわり・吐き気の対処法
  5. 妊娠5ヶ月のつわり・吐き気に関する事例
  6. 妊娠5ヶ月のつわりは無理をせずに、ママに合った対処を
  7. あわせて読みたい

妊娠5ヶ月の母体と赤ちゃんの様子

妊娠5ヶ月は妊娠16週から妊娠19週を指します。妊娠中期の始まりで、一般的には安定期に入る時期です。妊娠5ヶ月に入ると、ママは自分の身体の変化と赤ちゃんの成長を実感できるようになっていきます。

妊娠5ヶ月には、赤ちゃんの成長によってママのお腹が大きくなり始めます。さらに妊娠中のホルモンの影響で、乳腺が発達して乳房も大きくなってきます。また胎動を感じるようになるのもこの時期で、赤ちゃんが成長していることを実感できるようになる人が多いかもしれません。

妊娠19週を迎えるころには、お腹の中の赤ちゃんの体重は約250gとなり、身長は約25cmとなります。全身に産毛が生えて、髪の毛や爪ができ始める時期です。超音波検査などで、赤ちゃんの心音が確認できるようになります。

一度おさまったつわりが妊娠中期に再開することはある?

Image

一般的につわりの症状は妊娠5ヶ月頃になるとおさまりますが、その後再開する場合があります。妊娠中期には、赤ちゃんの成長にともなって子宮が大きくなります。大きくなった子宮は胃を圧迫するようになり、胃の動きを鈍くすることがあります。そのため一度つわりがおさまった後でも、ママは吐き気や気持ち悪さを感じることがあるのです。

妊娠5ヶ月の吐き気や気持ち悪さの原因

Image

つわり

つわりは一般的に妊娠5週頃に始まり、妊娠16週頃におさまるといわれています。しかし、つわりの症状は個人差が大きく、妊娠16週を過ぎても続く場合があります。つわりの原因は妊娠によるホルモンの変化だと考えられていますが、医学的に原因は明らかになっていません。

つわりの症状として毎日嘔吐が続き、ママの体重の5%以上が減少すると妊娠悪阻(おそ)と医師に診断されて、治療や入院が必要になる場合があります。

食べ過ぎ

食べ過ぎが原因で、吐き気や気持ち悪さを引き起こすことがあります。妊娠5ヶ月に入ってつわりがおさまってくると食欲が増し、ママの食事量や間食が増えることが原因として考えられます。ついつい食べ過ぎてしまったことから、吐き気や胸焼け、気持ち悪さなどの症状がみられ「つわりが再開した」と感じることもあるようです。

Article link icon
妊婦の食べ過ぎは胎児に影響する?食べ過ぎによる下痢、腹痛、嘔吐の症状や…

便秘

妊娠中はプロゲステロンというホルモンの分泌量が増えます。プロゲステロンは妊娠を維持する働きがあり、ママと赤ちゃんに必要不可欠なホルモンです。しかし、プロゲステロンは妊娠を維持するだけでなく、胃や腸の動きを鈍くすることもあります。そのため、ママは妊娠中に便秘になりやすいのです。

便秘になると、腸にたまった便やガスが吐き気や気持ち悪さを引き起こすことがあります。

赤ちゃんの成長

妊娠5ヶ月を過ぎると赤ちゃんが成長して子宮が大きくなっていきます。大きくなった子宮は胃や腸を圧迫するようになり、胃がすっきりしなかったり、吐き気や気持ち悪さを感じたりすることがあります。

Article link icon
妊娠中期の吐き気の原因は?改善するための食生活・行動もご紹介!

胃腸炎

突然の吐き気や嘔吐の症状が見られた場合は、胃腸炎の可能性があります。つわりとの区別が難しいかもしれませんが、胃腸炎にかかると急な吐き気や嘔吐の症状に加え、下痢や腹痛、37℃~38℃以上の発熱がみられる場合があります。吐き気や嘔吐のほかに下痢、腹痛、発熱があるときは医師の診察を受けるようにしましょう。

妊娠5ヶ月のつわり・吐き気の対処法

Image

食べられるものを食べる

ママがつわりでつらいときには、無理に食べる必要はありません。ママが食べられるものを食べるようにしましょう。ゼリーやヨーグルトなど、のどごしが良いものは口にしやすいかもしれませんね。食べることがどうしても難しい場合は、水分摂取をこまめにすると良いでしょう。

Article link icon
【栄養士監修】妊婦が食べてはいけない果物はある?摂りたい栄養素を含むフ…

消化が良いものを食べる

食事では、できるだけ消化に良いものを食べましょう。消化が良い食べ物としては、以下のようなものがあげられます。

・青菜
・じゃがいも
・にんじん
・たまご
・とりささみ
・白身魚
・りんごやバナナ
・食パンやうどん

食材は小さく切って食べやすい大きさにする、油は少なめにするといった工夫をして調理すると良いでしょう。香辛料や味が濃い食事は胃に刺激を与え、吐き気や気持ち悪さを引き起こす原因になるので注意してくださいね。

Article link icon
【一覧】妊婦が食べてはいけないもの・注意するもの!影響はいつから?

食事を小分けにする

妊娠5ヶ月には、赤ちゃんの成長とともに子宮が大きくなります。子宮によって胃が圧迫されたり、ホルモンが影響したりすることでママの胃の働きは鈍くなりがちです。一度の食事量が多いとなかなか消化しきれずに、吐き気や気持ち悪さが生じることがあります。

こうした場合は食事を小分けにして、一度の食事量を少なくしてみましょう。胃への負担が小さくなり、吐き気や気持ち悪さを軽減することができます。

Article link icon
【妊婦さん必見】簡単レシピや妊娠中におすすめのカロリー控えめな食事を紹…

食べ過ぎに注意する

妊娠初期のつわりがおさまると、つわりで思うように食べられなかった反動から食欲が増し、食べ過ぎてしまうことがあります。食べ過ぎが原因で吐き気や胸やけが生じたり、急激に体重が増えたりするママもいるでしょう。つわりがおさまっても、適度な食事量を意識してくださいね。

食事後すぐに横になることを避ける

食事後すぐに横になると、胃酸が逆流して胸焼けが起こりやすくなります。胃酸の逆流を繰り返すことで胸焼けがひどくなるだけではなく、逆流性食道炎を引き起こす可能性があります。食事後はすぐに横になることを避けて、起きた状態で過ごすようにしましょう。

無理をしない

吐き気や気持ち悪さをがまんして仕事をしたり、家事を行ったりすることはママの心身へのストレスとなってしまいます。体調が悪いときは決して無理をせずに、休息をとりながら過ごすことが望ましいです。吐き気などの症状はがまんせずに、できれば周りの人に協力してもらいながら、ママの負担を減らしてくださいね。

Article link icon
【妊娠後期の家事】無理しないで!掃除、洗濯、料理の手抜き術

妊娠5ヶ月のつわり・吐き気に関する事例

Image

妊娠5ヶ月につわりを経験した初産のママの事例と、助産師からのアドバイスをご紹介します。

妊娠5ヶ月に入ってもつわりがおさまらないママの事例

妊娠初期のつわりで吐き気が続いていたママは、妊娠5ヶ月に入っても吐き気がおさまらずに不安を抱えていました。妊婦健診を受診したママはつわりで体調が優れず、入院希望を申し出ました。

助産師がママから話を聞くと、ママは夫とともに夫の実家で義父母と同居しており、毎日の食事の準備はママが担当していました。吐き気が続く中で食事を準備することが心理的なストレスとなっていたのです。

夫と義父母に遠慮する気持ちから、つわりがつらくて食事の準備が大変だと伝えることができずにいました。妊婦健診には夫が同伴していたため、夫をまじえて助産師と相談することにしたのです。

ママの実家は現在の住まいから近く実母の協力が得られることから、数日ママは実家で休養をとることになりました。義父母へは夫からママのつわりの症状について説明してもらい、協力を仰ぐことにしたのです。

実家で休養したママは食事の準備に対するストレスがなくなり、つわりは軽減していきました。また夫が義父母にママの状態を説明したことで義母が食事の準備をやってくれることになり、つわりがおさまった後に夫の実家へ戻って生活することになりました。

助産師からのアドバイス

今回の事例のママはつわりで体調が悪いのにもかかわらず、吐き気をがまんして食事の準備をしていました。つわりの症状は個人差が大きいですが、症状が強いと起き上がることも難しくなります。吐き気がある中での食事の支度は、ママの身体的・精神的な負担になっていたようでした。

義父母と同居という環境下で、ママはつわりがつらくて大変であるということを伝えづらかったようです。しかし無理をするとつわりの症状が悪化する場合があります。無理をせずに、つらいときはなるべく素直に話してみましょう。家族に話しづらいときは医師や助産師に相談して一緒に解決策を考えるのも良い方法です。

また妊娠中期のつわりの原因には、ママの身体の変化や赤ちゃんの成長のほかに、心理的なストレスを抱えていることがあげられます。心理的なストレスがあると、つわりがおさまらなかったり、再開したりする場合があるのです。

妊娠5ヶ月からは一般的に安定期に入るといわれていますが、ママの体調には個人差があります。パパやまわりの家族はママの話に耳を傾けて、体調を気遣うことができると良いですね。

妊娠5ヶ月のつわりは無理をせずに、ママに合った対処を

妊娠初期でおさまったり、妊娠5ヶ月を過ぎても続いたりと、つわりの症状が続く期間はママによってさまざまです。妊娠5ヶ月は一般的に安定期に入っているととらえられているため、吐き気や気持ち悪さがあっても無理をしてしまうママがいます。

無理をすることでストレスが大きくなって症状の悪化につながる場合があります。つわりの症状があるときは無理をせずに、ママに合った方法で上手に対処していきましょう。妊娠5ヶ月は胎動を感じ始める時期です。赤ちゃんの成長を実感しながら毎日を過ごしてくださいね。

あわせて読みたい

【妊娠線予防の人気オイル10選】クリーム・オイルどちらがおすすめ?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/16772
Image
安定期も流産に注意!妊娠中期の流産の確率・原因は?症状なしの場合も?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/16464
Image
妊娠中期の腹痛の原因と予防法は?危険な腹痛の見分け方
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/20493
Image
妊娠中期の出血の原因と対処法!赤ちゃんへの影響は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/16576
Image