妊娠中期の腹痛の原因と予防法は?危険な腹痛の見分け方

つわりがやっと治まったと思ったら、妊娠中期に入り腹痛を感じる妊婦さんもたくさんいます。妊娠中は、ちょっとした体調不良も不安に思うものです。妊娠中期に起こりがちな腹痛は、どのような判断基準で病院に行くべきなのでしょうか。ここでは、妊娠中期の腹痛の原因と予防法、危険な腹痛の見分け方について解説します。

708147

記事監修

Image

目次

  1. 妊娠中期の腹痛とは
  2. 心配の要らない腹痛の特徴は?
  3. 心配のいらない腹痛の原因は?
  4. 危険な腹痛の特徴は?
  5. 危険な腹痛の原因は?
  6. その他の腹痛の原因は?
  7. 腹痛の予防法
  8. 判断できない場合は病院へ相談しよう
  9. 妊娠中は自分の身体を第一に考えて
  10. 妊娠中におすすめの商品
  11. あわせて読みたい

妊娠中期の腹痛とは

妊娠中期に入ると、安定期に入ります。お腹の赤ちゃんの性別が判明してくる時期でもあるので、初めての妊娠でも2人目以降の妊娠でも、待ち遠しいですよね。妊娠中期に、頻繁にお腹が生理痛のようなチクチクとした痛みを感じたり、キューという腹痛を脇腹に感じたりすると不安になってしまいますよね。

妊娠中期に腹痛を感じる人は多い

妊娠中期には胎盤も完成し、お腹の赤ちゃんが胎盤を通してどんどん栄養を吸収し、お腹が大きくなり始める時期です。妊娠中期にこれまで感じなかった腹痛を頻繁に感じるママが多いのは、生理的な要因が絡んでいることもあります。頻繁に腹痛を感じる妊婦さんの場合、どのタイミングで病院に行けば良いのか判断が難しいですよね。妊娠中期に感じる「心配のいらない」腹痛について説明します。

妊娠中期の腹痛の感じ方はさまざま

朝や食後にお腹が痛む、腹痛とともに腰痛を感じている、お腹の右下がチクチク痛むなど妊娠中期の腹痛の感じ方はさまざまです。便秘や腰痛など妊娠中期に腹痛を感じる原因には、個人差があります。原因が異なることで、お腹の痛みの感じ方や腹痛を感じるタイミングにも差があるのでしょう。

妊娠中期は安定期でもあるため、体調さえ問題なければやりたいことが多い人も少なくないかもしれません。仕事もプライベートも無理せず、必要であれば病院の先生に相談してくださいね。

Article link icon
妊娠中期の下腹部痛!平気なものと危険なものの違いは?
Article link icon
妊娠中期の腹痛・胃痛の原因は?腹痛・胃痛の対処法と注意点

心配の要らない腹痛の特徴は?

Image

妊娠中期に入り頻繁に感じる腹痛が、以下のものであれば心配ありません。まずは腹痛の状態を観察し、腹痛が治まるまで安静にして、様子をみてみましょう。

・痛みが不規則
・痛みを感じる場所が限定的
・しばらくして痛みが治まる
・便秘による下腹部痛

不規則に痛みを感じるのは妊娠中期に起こりがちな腹痛の特徴で、生理的な要因で腹痛が起こっている可能性が高いです。痛みを感じる場所が毎回同じという場合も、まずは横になるなど安静にし、腹痛が治まるかどうかを確認しましょう。妊娠中期以降に腹痛を感じたら「まずは安静にする」という対処法を覚えておきましょう。

Article link icon
妊婦のお腹がつる・筋肉痛になる原因と予防法!腹筋を鍛えても大丈夫?
Article link icon
妊娠中期のお腹の張りの原因と受診の目安は?痛みと出血がある場合は?

心配のいらない腹痛の原因は?

Image

妊娠中期に腹痛を感じる原因となるのは主に3つあります。それぞれの可能性を理解することで、安心できる腹痛なのかどうかという判断の目安として役立てることができるでしょう。

子宮が大きくなる

妊娠中期に頻繁に腹痛を感じる原因は、さまざまです。生理的な現象として腹痛を感じる場合、妊娠中期以降に急激に大きくなる子宮を支える「円靭帯」が関係していることが多いです。円靭帯は、妊娠していない状態では、ほんの数cmですが、妊娠中期に入りどんどん子宮が大きくなると、最大で30cmほどのサイズになるといわれています。妊娠中期を過ぎた辺りからは、赤ちゃんが大きくなるにつれて円靭帯が急激に引き伸ばされる状態を「腹痛」として感じている可能性があります。

Article link icon
妊娠線は作りたくない!先輩ママたちに選ばれ続けている妊娠ボディケアクリ…

前駆陣痛

一般的には臨月頃に感じるといわれている「前駆陣痛」が、妊娠中期以降の腹痛を引き起こしている可能性があります。前駆陣痛は、妊婦さんの体が出産の練習をしている状態だといわれることもありますが、臨月前の妊娠中期に起きる場合もあります。生理的な現象のひとつなので、腹痛がすぐに治まり、出血など別の異変が無い場合には、妊娠中期に起こる可能性がある心配のない腹痛のひとつといえます。

Article link icon
前駆陣痛と胎動の違いは?痛みと激しさ、胎動の種類とは
Article link icon
前駆陣痛はいつから始まる?症状や痛みの特徴は?初産・経産婦で違いはある?

便秘や下痢、おならのガス

妊娠中多くの妊婦さんが経験する「便秘」も、妊娠中期に感じる腹痛の原因のひとつである可能性があります。妊娠中期以降は子宮がどんどん大きくなり、妊娠後期に近づくほど子宮周辺にある腸を圧迫し、便秘になる妊婦さんが多いです。便秘の影響でおならのガスがお腹にたまったり、下痢(水様便)になったりする人もいます。

便秘や下痢が原因で妊娠中期の腹痛が引き起こされている場合には、トイレに行くと腹痛が緩和されているかもしれません。痛みが和らぐタイミングに注意してみてくださいね。快便の場合には、おならが出た前後に注目してみましょう。

妊娠前から便秘や下痢が続いていた場合には、過敏性腸症候群の可能性もあります。妊娠中は自己流に対処するのではなく、かかりつけの産婦人科医と相談して改善を目指してくださいね。

Article link icon
妊婦の便秘の解消法は?便秘の定義や改善法、注意点
Article link icon
妊娠後期・臨月の便秘解消法!いきむ・便秘薬を飲むのは危険?

危険な腹痛の特徴は?

Image

妊娠中多くの妊婦さんが経験する「便秘」も、妊娠中期に感じる腹痛の原因のひとつである可能性があります。妊娠中期以降は子宮がどんどん大きくなり、妊娠後期に近づくほど子宮周辺にある腸を圧迫し、便秘になる妊婦さんが多いです。便秘の影響でおならのガスがお腹にたまったり、下痢(水様便)になったりする人もいます。

便秘や下痢が原因で妊娠中期の腹痛が引き起こされている場合には、トイレに行くと腹痛が緩和されているかもしれません。痛みが和らぐタイミングに注意してみてくださいね。快便の場合には、おならが出た前後に注目してみましょう。

妊娠前から便秘や下痢が続いていた場合には、過敏性腸症候群の可能性もあります。妊娠中は自己流に対処するのではなく、かかりつけの産婦人科医と相談して改善を目指してくださいね。

Article link icon
早産とは?早産の原因と兆候、予防法、赤ちゃんのリスクについて
Article link icon
切迫早産とは?切迫早産の原因と症状、対処法、予防法とは

危険な腹痛の原因は?

Image

妊娠中期以降に感じる腹痛の中でも早産につながる可能性があるのは、子宮収縮が促進される可能性があるものが原因となっている場合です。

子宮頸管無力症

出産時に赤ちゃんが通る「産道」と呼ばれる部分が「子宮頸管」です。この子宮頸管にある筋肉が、体質的に緩みやすい妊婦さんは、妊娠中期であっても子宮口が開きやすい傾向があるため、早産の可能性が高くなります。

子宮頸管無力症は、子宮頸管の筋肉が緩みやすい体質のため、予防することはできません。自覚症状が無いため、陣痛と判断できる腹痛が妊娠中期にあった際には、子宮口が開かないように子宮頸管を縛る手術が必要になります。妊娠中期、後期と時期に関係なく、心配な腹痛があった場合は、まず医師に相談してみてください。

Article link icon
子宮頸管無力症の症状・原因・手術を解説!予防できるの?
Article link icon
子宮頸管が短いと切迫早産になる?子宮頸管が短くなる原因と対処法

子宮収縮

子宮収縮は、出産を促してしまうことが多いため、妊娠中期以降に子宮収縮と判断できる腹痛が起こった場合には対処が必要です。初産の妊婦さんが子宮収縮による腹痛を見分けるのは難しいことです。お腹全体が痛む腹痛で、15分間隔といった規則的な腹痛が起きている場合には、子宮収縮が原因である可能性が高いので、妊娠中期であっても早急に病院を受診しましょう。

感染症

妊娠中、常に注意が必要なのが「感染症」です。妊娠中にウイルスや細菌に感染してしまうと、おりものに異変を感じるケースが多いですが、妊娠初期の段階では自覚できない場合もあります。感染症の症状に気づかず、子宮内部や羊水まで感染してしまうと、早産を引き起こす原因になります。妊娠中期以降の腹痛で、お腹全体に痛みがあり、痛みが長時間続く場合には、病院を受診しましょう。

Article link icon
妊婦がインフルエンザにかかったら?胎児への影響と予防接種・薬について
Article link icon
妊婦に危険なトキソプラズマ症とは?お腹の赤ちゃんを守るための注意点

ストレス

妊婦にとってストレスはさまざまな不調を引き起こす原因になります。妊娠中期以降にストレスが多いと、腹痛が起きる可能性があります。お腹の上部が痛い場合や腹痛とともに吐き気を感じる場合には、胃痛の可能性も検討しましょう。

最近では妊娠後も仕事を続ける妊婦さんが多いのですが、自覚がないままストレスを抱え込んでいる場合があります。妊娠が判明した後には、自分とお腹の赤ちゃんを第一に考え、体調を考慮した仕事への取り組み方について上司とよく相談し、ときには周囲の助けを借りてストレスと上手に付き合っていきましょう。

Article link icon
妊婦のストレスの影響と発散法は?夫に仕事に体重管理、妊娠中は大変!
Article link icon
妊娠中は不安が多い!?夫やお金のことが気になるときの相談・本などの対処法

その他の腹痛の原因は?

Image

風邪

妊娠中期の腹痛で寒気を感じたり熱があったりする場合、風邪の可能性も検討してみましょう。自分が風邪をひいたときに現れる症状を参考にしてみてくださいね。いつもの風邪とは違う症状があったり、違和感や心配事があったりする場合には病院に相談しましょう。

また下痢や嘔吐を伴う場合には食中毒の可能性もあります。ナチュラルチーズや加熱処理をしていない肉や魚などは、食中毒になる恐れがあります。妊娠中の食事にも注意してみてくださいね。

Article link icon
妊娠中に風邪をひいてしまった!妊娠中に注意したい風邪の症状とは?
Article link icon
妊娠後期・臨月に風邪をひいたら?咳や鼻水、喉の痛みの対処法と注意点

動きすぎ

妊娠中期(安定期)に入り、ウォーキングやマタニティスイミングなどで汗を流すことを楽しんでいる妊婦さんも少なくないかもしれません。たくさん動いた日に急にお腹が痛くなることが多い場合、動きすぎが腹痛の原因かもしれません。腹痛だけでなく、お腹が張ったり足の付け根や股関節が痛んだりする人もいるようです。

Article link icon
足の付け根が痛い!妊婦の痛みの原因、解消法、注意点
Article link icon
妊婦の恥骨痛の症状、原因は?改善法とおすすめの座り方・寝方

腹痛の予防法

Image

妊娠中期に感じやすい腹痛を予防するなら、生理的な要因を引き起こさないための工夫と、妊娠中の身体をいたわる配慮が必要です。

・お腹を支える
・お腹を冷やさない
・ストレスをためない
・無理をしない

上記にあげた4点は、妊娠が判明した後から意識することで、妊娠中期以降の腹痛の予防につながります。特に「冷え」は、妊娠中だけでなく母乳育児や産後の体力回復時にも対策が必要なので、妊娠中からしっかりと体を温める生活習慣を身につけましょう。特に妊娠中期以降は、どんどんお腹が大きくなり、体への負担も増えます。無理しない程度で、予防に取り組んでくださいね。

Article link icon
妊婦の冷え、原因と影響は?冷えのサインと対策・解消法
Article link icon
妊婦に腹帯は必要?いつからつける?効果や目的、さらし・ガードルなど種類…

判断できない場合は病院へ相談しよう

Image

妊娠中期以降に感じる腹痛は、原因の可能性になるものを把握することで、ある程度は心配のない腹痛なのかどうかを見極めることができるでしょう。ただし、初めての妊娠の場合には、お腹全体の痛みなのか、一部のみの痛みなのかという判断が難しい場合もあります。

妊娠中はちょっとした体調の変化を見逃さないことが大切になるため、判断が難しいようであれば、まずは病院に電話で相談してみましょう。受診が必要なのかどうかの判断を仰ぎ、必要であれば病院を受診してください。

妊娠中は自分の身体を第一に考えて

Image

個人差はありますが、妊娠初期から始まるつわり、妊娠中期以降に感じる腹痛・腰痛・肩こり・頭痛など、さまざまな不調に悩む妊婦さんがいます。仕事や親としての責任を果たしたい気持ちはわかりますが、何よりもまずは自分の身体を第一に考えてくださいね。自分でどうすれば良いのかわからないときは、ひとりで悩まず、不安を取り除くためにも病院へ相談しましょう。

妊娠中におすすめの商品

妊娠中におすすめのハーブティー

AMOMA マタニティブレンド
¥1,899〜(2018/07/04 時点)

英国ハーバリストと妊産婦ケアの専門家が開発したノンカフェインのオーガニックハーブティーです。ティーバッグタイプで持ち運びが便利なので、自宅でも職場でも楽しむことができますよ。日本国内の工場でブレンド・製造されている点も心強いですね。

ハイビスカス、ネトル、ローズヒップなどの8種類のこだわりのオーガニックハーブを使用しています。そのまま飲んでもおいしいですが、豆乳を入れるとまろやかな味が楽しめますよ。

妊娠中期のお腹の保湿に

08467x01 e77fcf526d1744af851adae30e38ffde出典:464981.com
mitete マタニティクリーム (ストレッチマーククリーム)
¥3,024〜(2018/07/04 時点)

多くのメディアで話題になっている保湿クリームです。100人以上の女性の声をもとに、大切な皮膚をすこやかに保つクリームが誕生しました。

妊娠中などデリケートな時期はもちろん、赤ちゃんにも使えるところもポイントです。葉酸がたっぷり配合されているところもありがたいですね。さらっとした使用感とふわっと香るアロマで、リラックスタイムにももってこいですよ。

【妊娠線予防の人気オイル10選】クリーム・オイルどちらがおすすめ?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/16772
Image

あわせて読みたい

妊娠初期の腹痛を解説!下痢・便秘?流産の可能性も?出血を伴うことも
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/20012
Image
妊娠後期の腹痛!チクチクするのは陣痛や切迫早産?便秘や下痢?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28977
Image
妊婦に便秘薬は使える?便秘の種類や原因によって対処法が変わる?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29577
Image
産後の妊娠線は消える?妊娠線を消すおすすめのケア方法とは
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/24326
Image
【市販もご紹介】妊娠線クリームの人気ランキング10選と口コミ
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/24349
Image
妊娠中期・後期にも葉酸は重要?摂取量や効果、不足したらどうなる?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28812
Image
妊娠中のお腹の張り!張っているけど大丈夫?赤ちゃんからの大事なサイン?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/12096
Image
妊婦が飲める・飲めないハーブティー&時期別おすすめは?効果は期待できる?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/11174
Image