離乳食のおかゆ!時期にあわせた離乳食のかたさの基本と10倍粥の作り方・つぶし方・冷凍方

生後5~6ヶ月頃になると離乳食がスタートします。離乳食作りで押さえておきたいのが、基本のおかゆ作りです。ここでは、月齢別のおかゆの作り方やかたさの目安、簡単な調理法のコツ、冷凍保存方法など、初めてのママに役立つおかゆの基本情報を説明します。おかゆを作ったのに食べてくれないといった場合の対処法もご紹介します。

72453

この記事の監修

Image
管理栄養士・健康運動指導士
南城 智子

目次

  1. おかゆは離乳食の基本!
  2. 離乳食初期(生後5~6ヶ月):つぶしがゆ
  3. 離乳食中期(生後7~8ヶ月):全がゆ
  4. 離乳食後期(生後9~11ヶ月):全がゆ~軟飯
  5. 離乳食完了期(生後12ヶ月~18ヶ月):軟飯~通常のご飯
  6. 10倍粥・5倍粥とは?水加減の目安は?
  7. 離乳食のおかゆの作り方!簡単に作るコツは?
  8. 離乳食のおかゆのつぶし方
  9. 離乳食のおかゆは冷凍保存できる!解凍の方法は?
  10. 赤ちゃんが離乳食のおかゆを食べてくれないときには?
  11. 離乳食のおかゆの味付けやアレンジは?
  12. 離乳食のおかゆグッズを楽天・Amazonでチェック!
  13. 離乳食のおかゆは赤ちゃんのエネルギーの源
  14. あわせて読みたい

おかゆは離乳食の基本!

離乳食は生後5~6ヶ月頃から始まります。大人の食事に興味を示したり、よだれが増えるたりすることは、離乳食開始のサインです。

おかゆは栄養バランスに優れており、アレルギーを起こしにくく、胃腸に優しいメニューです。基本のおかゆの作り方を押さえておけば、水分量を替えるだけで月齢に応じたおかゆが作れますよ。

離乳食初期(生後5~6ヶ月):つぶしがゆ

Image

離乳食初期はゴックン期と呼ばれ、栄養摂取よりも母乳以外の味に慣れることを目的としています。最初は1日に1回離乳食を食べさせます。1さじのおかゆから始め、赤ちゃんが慣れてきたら、野菜、魚などのたんぱく質と食材を増やしていきます。

初めておかゆを与えるときは、米をドロドロにつぶした「つぶしがゆ」を1日1さじ程度食べさせましょう。「米:水=1:10」の割合で炊いた10倍粥を与えるのが一般的です。

Article link icon
【離乳食初期(ゴックン期)】生後5・6ヶ月の食材の量とレシピは?先輩マ…
Article link icon
離乳食の始め方のポイントは?開始時期と初めての離乳食の量や時間を解説!

離乳食中期(生後7~8ヶ月):全がゆ

Image

離乳食中期はモグモグ期と呼ばれ、舌をうまく使いながら離乳食をつぶして食べられるようになる時期です。離乳食の回数は、午前1回・午後1回の1日2回になります。

離乳食中期になると全がゆ(舌でつぶせるかたさのおかゆ)が食べられるようになります。全がゆの水加減に明確な決まりはありませんが、米1に対して水5の割合(5倍粥)が目安です。おかゆに合わせる野菜などの離乳食も、おかゆのかたさを目安にしましょう。

離乳食後期(生後9~11ヶ月):全がゆ~軟飯

Image

離乳食後期はカミカミ期といい、バナナ程度のやわらかいものであれば歯ぐきで噛みつぶせるようになります。離乳食の回数は1日3回+授乳で、必要な栄養素の半分以上を離乳食から摂取します。

離乳食後期のおかゆは、全がゆから軟飯へと徐々に移行していきましょう。歯ぐきでつぶせるかたさが目安です。4倍粥(米1に対して水4)、3倍粥(米1に対して水3)と少しずつ水分を減らしていくと良いでしょう。

離乳食完了期(生後12ヶ月~18ヶ月):軟飯~通常のご飯

Image

離乳食完了期はパクパク期といい、1日3食+おやつをしっかり食べられるようになります。噛む力は大人より弱いものの、茹で野菜やバナナなども前歯で噛み切ることができます。

完了期に食べるご飯は軟飯で、歯ぐきで噛めるかたさが目安です。お米1:水3(3倍粥)程度の水加減でで炊きます。様子を見ながら水の割合を2に減らしていきましょう。手づかみ食べができるようになれば、軟飯で小さなおにぎりを作るのもおすすめです。

Article link icon
べたつかないから食べやすい!離乳食のおにぎりレシピ7選!軟飯を手づかみ…
Article link icon
1歳からの手づかみ食べ!取り入れてみたい簡単かわいい離乳食レシピ17選
Article link icon
1歳からの【離乳食完了期】はどんな時期?おすすめレシピ10選と進め方の…

10倍粥・5倍粥とは?水加減の目安は?

Image

10倍粥・5倍粥といった呼び方は、お米と水の分量の割合を指しています。離乳食がスタートしたばかりのころは、お米に対する水の分量を多くし、つぶしてトロトロの状態にしたおかゆを赤ちゃんに食べさせます。赤ちゃんが離乳食に慣れてきたら少しずつ水分の量を減らし、おかゆの粒のつぶし方を粗くしていきます。

【10倍粥の作り方】
1.米大さじ1に対して水4分の3カップの割合でおかゆを作ります。
2.トロトロになるまですりつぶしてから与えましょう。

それぞれのおかゆの作りやすい分量の目安は以下の通りです。

お米
10倍粥大さじ1(15ml)3/4カップ(150ml)
5倍粥大さじ2(30ml)3/4カップ(150ml)
4倍粥大さじ2(30ml)120ml
3倍粥1/4カップ(50ml)3/4カップ(150ml)

日本では、お米と水の割合が1:10の10倍粥を初めに食べさせるのが一般的です。しかし、WHO(世界保健機関)の「補完食」というパンフレットでは、薄すぎるおかゆでは栄養価が低く、赤ちゃんが必要なエネルギーを補えないということが指摘されています(※1)。

10倍粥から始めて、赤ちゃんの様子を見ながら、7倍粥、5倍粥とステップアップしていくと良いかもしれませんね。

離乳食のおかゆの作り方!簡単に作るコツは?

Image

一見手間がかかりそうな離乳食のおかゆですが、ポイントさえつかめば簡単に調理できるようになりますよ。ひとつずつ見ていきましょう。

大人のご飯と一緒に炊飯器で生米からおかゆを炊く方法

大人用のご飯を炊くついでに離乳食用のおかゆも一緒に炊く方法です。湯のみやマグカップなどの耐熱容器に決まった分量の研いだお米と水を入れ、大人用に炊くお米を入れた炊飯器の中央にセットするだけです。

最近では、炊飯器で使えるおかゆ専用の容器(おかゆクッカー、おかゆポットなど)が販売されており、そちらを活用するのもおすすめですよ。

【リッチェル】炊飯器用おかゆクッカー E
¥675〜(2018/11/16 時点)

・付属品:
取り出し具、計量カップ、スプーン
・電子レンジOK(計量カップのみ)
・食器洗い乾燥機OK
・煮沸・薬液消毒OK

炊いたご飯から電子レンジでおかゆを作る方法

炊いたご飯からおかゆを作るのであれば、電子レンジを使うと簡単です。耐熱容器にご飯と水を入れ、少しすき間をあけてラップをし、全体が沸騰するまで加熱します。深さのある耐熱容器であれば何でも良いですが、電子レンジ専用のおかゆクッカーを使えば吹きこぼれる心配がないでしょう。

【リッチェル】電子レンジ用おかゆクッカー E
¥599〜(2018/11/16 時点)

・付属品:スプーン
・電子レンジ・煮沸・薬液消毒OK
・食器洗い乾燥機OK

電子レンジで生米からおかゆを作る方法

市販の電子レンジ用炊飯器やおかゆ調理器を使えば、いつでも簡単に電子レンジで生米からおかゆが作れます。加熱後は少し蒸らすようにしましょう。炊飯器や鍋で作るよりも短時間で簡単にできるので、忙しいママには助かりますね。

備長炭入り 電子レンジ専用炊飯器 ちびくろちゃん 2合炊き
¥648〜(2018/11/16 時点)

・0.5~2合炊き

鍋で生米からおかゆを作る方法

お鍋でお米からおかゆを作る方法は、好みのかたさや水分量に調節しやすいというメリットがあります。一度に多くの量を作れるので、離乳食をまとめて作って冷凍保存したいという方にぴったりです。

やや手間がかかるイメージがありますが、慣れてしまえば簡単ですよ。お米は研いでから30分水に浸したものを使いましょう。ガス代や時間を節約したい方は、圧力鍋を使ってみても良いですね。

鍋でご飯からおかゆを作る方法

炊いたご飯を使うと、お米から作るよりも短時間でおかゆができます。作り方は、鍋にご飯と分量の水を入れ、好みのかたさになるまで煮るだけです。かたさや水分量が調節しやすいので、失敗が少ないですよ。

Article link icon
離乳食に役立つ鍋・ミルクパン10選!選び方は?出産祝いにもおすすめ

離乳食のおかゆのつぶし方

Image

離乳食のおかゆはそのまま与えるのではなく、月齢に応じてつぶし、やわらかさを調節しましょう。つぶし方は主に次の3つの方法があります。

すりばちでつぶす

すり鉢とすりこぎを使ってすりつぶす方法は、やわらかさの調節がしやすいでしょう。すりばちは、おかゆ以外にも白身魚や野菜のペーストを作るときにも便利です。

裏ごし器でつぶす

特になめらかでトロトロに仕上げたいときは、裏ごし器を使いましょう。離乳食専用の裏ごし器が販売されていますが、茶こしなどでも代用できます。

ブレンダーでつぶす

たくさんのおかゆを作って冷凍したいという方は、ブレンダーでつぶすと良いでしょう。おかゆを炊いた鍋に直接ブレンダーを入れて粉砕するだけなので、早くて簡単です。あまり多いと均等につぶしにくくなるので、2回に分けるなど調整してくださいね。

Article link icon
離乳食を作るのにおすすめのハンドブレンダー10選!本当に必要?選び方は?

おかゆを簡単につぶすアイデア

炊きあがったおかゆをつぶすときには、なかなか細かくつぶれずに手間がかかることがあります。おかゆを炊く前にあからじめお米をつぶしておくと、炊きあがってからの作業が楽になりますよ。

■生米からおかゆを炊く場合
生米をビニール袋などに入れ、めん棒で上から叩き細かく砕く。

■ご飯からおかゆを作る場合
清潔にしたまな板の上にご飯をのせ、刃先をぬらした包丁で細かく刻む。

■冷凍していたご飯からおかゆを作る場合
凍ったままのご飯をおろし金ですりおろす。

離乳食のおかゆは冷凍保存できる!解凍の方法は?

Image

離乳食のおかゆを毎回作るのはとても手間がかかり、面倒ですよね。お腹が空いて泣いている赤ちゃんを待たせることに、申しわけないと感じるママもいるでしょう。

多くのママは一度に数日分のおかゆを作り、小分けして冷凍保存しています。解凍するだけですぐに離乳食ができるので、忙しいママにもぴったりですよ。おかゆの冷凍保存や解凍方法について見ていきましょう。

おかゆを冷凍するときに便利なアイテム

おかゆを冷凍する場合は、製氷皿と、ジッパー付きの袋があると便利です。製氷皿を使うとおかゆを1食ずつ小分けでき、必要なときに必要な分だけ取り出せますよ。

最近は100均などで離乳食専用の保存容器が売られているので、確認してみると良いですね。離乳食のおかゆが完全に凍ったら、ビニール袋やジッパー付きの袋に移し替え、しっかり空気を抜いて保存しましょう。

鍋でおかゆを作るときには、小ぶりで注ぎ口が付いたミルクパンを使うと、作ったおかゆをそのまま製氷皿に注ぐことができますよ。小さいミルクパンは、少量の離乳食を作るときにも活躍します。

Article link icon
離乳食グッズを100均で揃えよう!製氷皿や食器など便利なアイテム12選…

おかゆの解凍方法

おかゆは耐熱容器に入れて電子レンジで温めなおしてから食べさせます。しっかり火を通すことで殺菌効果が高まりますが、あまり加熱しすぎると風味が損なわれたり、かたくなったりするので注意しましょう。

Article link icon
離乳食の冷凍保存のポイントは?注意点や冷凍に向かない食品は?

赤ちゃんが離乳食のおかゆを食べてくれないときには?

Image

赤ちゃんが離乳食のおかゆを食べないときは、どうすれば良いでしょうか。次のふたつのことを試してみましょう。

おかゆのかたさを変えてみる

食べ物の好みは人それぞれ違うように赤ちゃんにも好き嫌いがあり、やわらかすぎるおかゆを嫌う子も見られます。赤ちゃんの負担にならない程度に、おかゆのやわらかさを調節してみましょう。反対に、おかゆのつぶつぶした食感が苦手な子もいるので、気になる方は裏ごししてなめらかにしたもので試してくださいね。

米以外の炭水化物でおかゆを作る

日本はお米のおかゆが定番ですが、海外では小麦やじゃがいもなど、その国の主食(炭水化物)をおかゆ状にしたものを離乳食で与えています。どうしてもお米のおかゆを嫌がるときには、お米にこだわらずに、ほかの炭水化物で試してみましょう。具体的な食材は次の通りです。

■うどん・そうめん
ベビー用あるいは減塩・無塩のものを使用し、やわらかく煮てから月齢に応じたかたさにすりつぶす

■じゃがいも・さつまいも
やわらかく煮たものをブレンダーなどですりつぶし、ペースト状にする

■パン
耳を除いた食パンをちぎったもの、あるいはパン粉状にすりおろしたものをスープで煮る(中期からにし、最初はたまごが入っていない食パンを選びましょう)

■オートミール
オートミール1に対し4の水を加えてトロトロになるまで煮る、すりつぶしたバナナやりんごと一緒に煮るのも良い(中期から)

Article link icon
【月齢別】離乳食を食べない赤ちゃんに効果的な10の対策!嫌がる原因と離…

離乳食のおかゆの味付けやアレンジは?

Image

普通のおかゆに慣れたら、野菜ペーストやだしを加えたアレンジレシピを試してみましょう。具体的な方法は次の通りです。

野菜のペーストと混ぜる

おかゆのアレンジレシピの定番が、ペースト状の野菜と混ぜる方法です。ほうれん草やにんじん、かぼちゃなど、栄養豊富な季節の野菜をうまく取り入れましょう。野菜の甘みや旨味が加わることで、おかゆがいっそうおいしくなりますよ。ただし、苦手な野菜を入れると、おかゆそのものを拒否してしまうことがあるので、気を付けましょう。

だしを混ぜる

おかゆをだしで炊く、または完成したおかゆにだしを加える方法です。だしに使うのは細かく切った昆布やかつおぶし、野菜の茹で汁も良いでしょう。

離乳食用にわざわざだしを取る必要はありません。大人用の味噌汁や煮物を作る途中で、味付け前のだしを取り分けるだけで十分ですよ。おかゆの風味が増して、味わい深いものになるでしょう。顆粒だしは塩分が多いので注意しましょう。

離乳食のおかゆグッズを楽天・Amazonでチェック!

楽天・Amazonで他のおかゆグッズを探したい方は、以下のリンクを参考にしてください。

離乳食のおかゆは赤ちゃんのエネルギーの源

Image

お米は炭水化物をはじめ、たんぱく質、マグネシウム、ビタミンなどの栄養素をバランス良く含んでいます。これからどんどん大きく成長していく赤ちゃんにとって、おかゆは大切なエネルギーの源です。

離乳食作りは、慣れるまでは面倒に感じるかもしれません。しかし、コツをつかめば短時間で簡単に作れるようになるでしょう。

あわせて読みたい

離乳食の調理器具14選!すり鉢やはさみなどあってよかった人気おすすめ商品を紹介!100均で買える?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/24948
Image
赤ちゃんが食べてはいけない食べ物は?離乳食にはちみつ・サバ・そばはいつからOK?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/7383
Image
初めてでも安心!離乳食に「果物」を取り入れるときの5つの注意点
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/13232
Image
ハーフバースデー(生後6ヶ月記念)の離乳食!おすすめ8選とお祝いプレートについて
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/26672
Image
ハーフバースデーの離乳食ケーキの作り方!通販で注文できる大人のケーキ・お祝いのアイデアもご紹介!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/26707
Image
マールマール(MARLMARL)のスタイ・よだれかけおすすめ11選!出産祝いのギフトにも人気!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29426
Image