【産後ママが知っておきたいこと】産後ケアサービスとは?産後うつチェックや育児のコツ

産後の経過は妊娠ごとに異なります。初めての妊娠でも、ふたりめ以降の妊娠でも心配なことや気になることは尽きないものではないでしょうか。ここでは産後のママが知っていると役に立つ情報をまとめています。出産前から産後ケアサービスや産後うつなど必要な情報をチェックして、必要になった場合に備えておくと安心ですよ。

5493

本ページはプロモーションが含まれています

目次

  1. 産後のママの身体の状態
  2. 産後のママを助けてくれるサービス
  3. 産後うつの症状があるときは早めに相談を
  4. 産後をパートナーと一緒に乗り越えよう
  5. 産後すぐ育児につまずきやすい時期を知ろう
  6. 妊娠・出産に関わる助成制度や手続きを確認
  7. 「ままのて」アプリが産後のママをサポート

産後のママの身体の状態

10ヶ月の妊娠期間を通じて変化したママの身体は、産後6~8週間かけてほぼ妊娠前の状態に戻ります。この産後の期間は産褥期と呼ばれ、妊娠中に増加していた女性ホルモンの分泌が急激に減少しさまざまな不調を感じやすくなる時期でもあります。

お腹や腰の痛み、不安感、物忘れがひどくなるなどといった症状がみられますが、ほとんどの症状は時間の経過とともに回復していくため、心配ないことがほとんどです。疲れがたまると症状が悪化やすいため、心身ともにゆっくり休める環境を整えましょう。症状が長引いたり強く症状が出たりするときは医師に相談してくださいね。

産褥期の過ごし方がママの「その後」を左右する!産後の週別の注意点&回復を早めるコツ
https://mamanoko.jp/articles/30786
産後に集中力や記憶力が低下する?マミーブレインとは?
https://mamanoko.jp/articles/32433

産後のママを助けてくれるサービス

身体をしっかりと回復させるためにも、産後はできるだけ安静に過ごすことが大切ですが、赤ちゃんのお世話を優先して自分のことは後回しになってしまうママも少なくないでしょう。

家族のサポートが受けられなかったり、大人の手が足りなくなったりしたときは、民間が運営するサービスや自治体の産後ケア事業のサポートを活用するのがおすすめです。掃除洗濯といった家事をはじめ、きょうだいのお世話や買い物代行、子育てに関する相談などの支援が受けられ、ママの負担を大きく減らすことができますよ。

【助産師監修】ママの強い味方、産後ケアはどこで受けられる?産後ケア事業の種類や期間もご紹介
https://mamanoko.jp/articles/32022
【産後のママに寄り添う】「産後ケアリスト」とは?サポート内容や料金・利用方法を紹介
https://mamanoko.jp/articles/32097
【助産師監修】ママの味方!産後ドゥーラとは?どんなことをしてくれるの?ベビーシッターとの違いは?
https://mamanoko.jp/articles/32020
【助産師監修】産後のママを助けてくれる「産後ヘルパー」とは?サポート内容や料金・利用方法
https://mamanoko.jp/articles/32077

産後うつの症状があるときは早めに相談を

産後は時間の経過とともに症状が回復していくマイナートラブルの陰に、医師への受診が必要な病気が潜んでいることがあります。

特にマタニティーブルーズと産後うつは症状が似ているため混同されやすく、注意が必要です。マタニティーブルーズが悪化して産後うつに移行したり、緊張感や睡眠不足が産後うつにつながったりすることもあるため、強い抑うつ感や不安感などが2週間以上続き、以下のセルフチェックリストで当てはまる症状が多い人は、早めに医師に相談してみましょう。

産後うつセルフチェックリスト

□漠然とした不安や心配がある
□わけもわからず恐怖感に襲われる
□ちょっとしたことで涙が出る
□不安や緊張感で眠れない
□物事に集中できない、対処できない
□物事が上手くいかないと自分のせいだと思う
□笑ったり物事を面白いと思ったりできない
□物事を楽しみに思って待つことがない
□悲しく惨めな気持ちになりやすい
□自分で自分を傷つけたくなる

【保健師監修】産後うつとは?症状や原因、治療法は?夫とはどう過ごす?
https://mamanoko.jp/articles/29174

産後をパートナーと一緒に乗り越えよう

産後パパ育休などの制度が充実し、夫が育児参加しやすい環境が整ってきていますね。その反面、とるだけ育休になっているケースもあるようです。

産後はママがひとりで育児を頑張るのではなく、パートナーと一緒に育児と家事を進めていけるのが理想です。先輩ママの体験談などをもとに産後のママの変化について理解を深め、出産前から分担について話し合い協力体制を整えることが、その後の夫婦関係にも大きくかかわってきますよ。

【編集部調査】産後、パパがやってくれて嬉しかったこと!先輩ママのリアルな声&ワーク・ライフ・バランスの取り方を…
https://mamanoko.jp/articles/32128
産後クライシスを乗り越えるための10の法則!夫婦喧嘩をしないためにできることは?
https://mamanoko.jp/articles/30730
男性の3人に1人が「とるだけ育休」?男性育休の実態とは?
https://mamanoko.jp/articles/32405

産後すぐ育児につまずきやすい時期を知ろう

生まれたばかりの赤ちゃんは昼に起きて夜に眠るというリズムがついておらず、2~3時間おきに寝ては起きるを繰り返します。これに付き合うママやパパは、睡眠不足から育児がつらく感じることもあるかもしれません。

特に「新生児が寝ない」といった声や、「魔の3週目」と呼ばれる時期の悩み事は多く寄せられています。先輩ママの体験談から産後につまづきやすい育児の壁を知り心がまえをしておくと、余裕をもって対処しやすいでしょう。

【助産師監修】新生児が夜に寝てくれない!寝ないのは問題?原因と対策を解説
https://mamanoko.jp/articles/28382
【体験談】初めて感じる子育てパニック!「魔の3週目」を乗り切るコツ!|助産師監修
https://mamanoko.jp/articles/14025

妊娠・出産に関わる助成制度や手続きを確認

妊娠・出産には多くの費用が掛かりますが、子育て世帯の負担を軽くするため、自治体や健康保険ではさまざまな助成や手当を用意しています。これらの制度を活用するには、それぞれで手続きが必要となります。子どもが生まれたあとの手続きについても、確認しておくと安心です。

妊娠・出産でかかるお金はいくら?必要な費用と受け取れる助成金は?手続きや制度を紹介
https://mamanoko.jp/articles/32096

「ままのて」アプリが産後のママをサポート

ままのてが提供する、妊娠中から産後の疑問や不安・悩みをサポートするアプリ「ままのて」。赤ちゃんの月齢にあわせたメッセージを毎日お届けします。

※この記事は2023年5月時点の情報をもとに作成しています。掲載した時点以降に情報が変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。