更新日:2018年01月16日

妊娠3週ってどんな時期?妊婦さんの身体の変化と過ごし方

妊娠3週は、月経周期が28日程度の人の場合、受精卵が子宮に着床し、妊娠が成立する週です。まだ妊娠に気が付かない人が多い時期ですが、早い人では妊娠3週から体や心の変化を感じ始める場合があります。ここでは、妊娠3週に感じる妊娠超初期症状や、赤ちゃんの様子、この時期の過ごし方について医師監修の記事で解説します。

監修 : mamanoko 医師・専門家
329426
0

妊娠3週ってどんな時期?

Image

妊娠3週は着床する時期

妊娠2週頃に受精した卵子は受精卵となり、およそ1週間をかけて卵管を経て子宮にたどり着きます。妊娠3週は、受精卵が子宮内膜に着床する時期です。 無事に着床すると、受精卵は子宮内膜に根を生やし、妊娠が始まります。

Image

着床時期はいつ?自覚症状はあるの?過ごし方・注意点とは

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/23030

高温期が続く

排卵日の翌日から基礎体温は高温期に入ります。高温期とは、基礎体温から排卵前より0.5〜1.0℃程度高い状態のことを指します。個人差はありますが、排卵日から14日以上続く高温期は、妊娠の判断を行うひとつの目安になります。

Image

妊娠したら高温期はいつまで続くの?妊娠初期症状の微熱の原因は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/17602

妊娠検査薬は反応しない場合が多い

妊娠すると、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが分泌され始めます。hCGホルモンは妊娠に欠かせないもので、妊娠初期に急激に増えます。妊娠検査薬は、このhCGの尿中濃度によって妊娠可能性の判定を行います。

hCGの濃度が50mIU/ml以上の場合に反応するように作られている妊娠検査薬が、日本では多いです。妊娠5週前後の濃度となるため、妊娠3週ではまた濃度が判定基準に達しておらず、妊娠検査薬が反応しない可能性があります。妊娠検査薬の規定する時期より前の時点で検査を行う事を「フライング検査」と呼ぶ人もいますね。妊娠3週で妊娠検査薬が反応しないからといって、一喜一憂する必要はありません。

mamanokoユーザー50人にアンケートをとった結果では、妊娠3週に検査薬を試した約半数の方が「検査薬が反応した」と回答しています。最近の妊娠検査薬は性能が高いため、妊娠3週でも正確に判定ができる場合もあるようです。

Image

妊娠検査薬の精度と確率は?フライング検査の正確性は?陰性が出ても妊娠の可能性はある?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/21802

化学流産が起こることも

「授精したが、妊娠が継続できない状態」を化学流産と呼びます。科学流産は染色体異常によって起こるものがほとんどで、全体のおよそ2割の妊娠に起きるといわれています。生理が少し遅れた、出血量が多かったなどの症状でしか現れないため、自覚症状がないまま気づかずに過ごしてしまうケースが多いようです。着床後、体は妊娠に向けて準備を始めます。妊娠検査薬で陽性反応があったにも関わらず生理がきて、結果的に「科学流産だった」とわかる場合もあります。

Image

妊娠超初期の流産の症状と原因は?予防はできるの?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18010

「無影響期」と呼ばれる時期

妊娠3週は一般的に「無影響期」と呼ばれ、薬を飲んだ場合でも悪影響は受けないとされています。妊娠3週は多くの人が妊娠に気づいていない場合が多いですが、無影響期に薬を摂取していたとしても心配し過ぎないようにしましょう。

そもそもこの時期には受精卵はまだ着床しておらずいわば母体内を浮遊している状態なので、母体の血液中に薬の成分があったとしても赤ちゃんに成分が受け渡されることはなく、理論的考えれば赤ちゃんにはまったく影響はないといっていいでしょう。4週以降からは着床が起こっているため、胎盤づくりが始まっており、薬の影響を受けやすくなる時期になります。自己判断せずに医師に相談しましょう。

妊娠3週頃に起こる着床出血

Image

着床出血は1~2割の確率で起こる

妊娠3週は着床する時期です。着床時に受精卵が子宮内膜の絨毛を傷つけて出血が起こり、おりものと一緒に血が子宮の外に出ると、おりものに色がつく場合があります。これを「着床出血」と呼びます。 ただし、全ての妊娠に着床出血がある訳ではありません。着床出血の確認ができるのは、全妊娠の1~2割程度といわれています。

Image

着床出血の症状、原因、期間!生理との違いは?いつ起こる?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/12703

「着床痛」は医学的に証明されていない

着床時期に感じる腹痛を「着床痛」と呼ぶ場合がありますが、「着床痛」は医学的に証明されているものではありません。

妊娠前・妊娠中は、些細な体の変化にとても敏感になるものです。自身の身体の変化を「着床痛」としてとらえた妊娠経験者がいたのかもしれませんね。

Image

着床痛とは?いつまで・どこが痛くなる?生理痛と似てるの?体験談あり!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28047

妊娠3週頃から感じる妊娠超初期症状

Image

妊娠3週目に着床すると、急激に「プロゲステロン」「エストロゲン」という2種類の女性ホルモンが増え、身体が変化し始めます。感じ方は人により異なりますが、多くの人に起こりやすい妊娠超初期症状を紹介します。

mamanokoユーザー50人にアンケートをとった結果、3割の方が「胸の張り」「身体のだるさ」といった妊娠初期症状を感じたそうです。多くの妊婦さんは、妊娠4週目以降に何かしらの妊娠初期症状が起こる傾向があるようですね。

微量の出血

妊娠3週頃に受精卵が子宮内膜に着床します。着床時に微量の出血が起こり、おりものに混じって子宮の外に出てくる場合があります。生理予定日より早く生理が始まったかなと思うかもしれませんが、出血が少量ですぐに終わるものであれば、着床出血である可能性があります。

腰痛

今まで感じたことがなかった痛みを腰周りに感じるようになった場合、お産の準備として「靭帯が緩み始めた」可能性があります。妊娠期間中は体重が増加するにつれて体の重心が変わり、腰痛に悩まされる方が多いです。

胸の張り

「プロゲステロン」という黄体ホルモンの分泌量と共に血液量が増え、胸に張りを感じる場合があります。生理前にも胸の張りを感じる人がいるため、この症状だけでは妊娠を判断するのは難しいでしょう。一般的に生理が始まれば胸の張りは治まりますが、生理予定日を過ぎても胸の張りが治まらない場合には、妊娠超初期症状である可能性があります。

身体がだるい

しっかりと休みをとっているにも関わらず「いつもより体がだるい」場合、妊娠超初期症状の可能性があります。高温期の微熱の継続、女性ホルモンの影響による鼻炎などの要因により、風邪をひいた時のような身体のだるさを感じる人がいます。

おりものの変化

妊娠していない時にはおりものから酸っぱいにおいがしていたが、妊娠したら匂いが減った・無臭になったというケースがあるようです。おりものの色がしろから黄色になった、下着につきやすくなったという変化を感じる方もいるようです。

腹痛

妊娠が成立すると、胎芽を育てるために子宮が収縮を繰り返すようになり、下腹部に痛みを感じる場合があります。産道を広げる「リラキシン」というホルモンの影響で、下腹部や靭帯にひきつったような痛みを感じる場合もあるようです。ホルモンバランスの崩れから胃腸の働きが弱まり、下痢や便秘になる人もいます。

味覚・嗅覚の変化

早い人では、妊娠3週頃から「吐き気、食欲不振」といったつわりの症状が現れる場合があります。今まではあまり気にならなかった匂いを敏感に嗅ぎ取ってしまったり、食べ物の好みが急に変わったりする場合があります。コーヒーやお酒などの刺激物が急に飲めなくなる人もいるようです。

肌荒れ

肌質が変わり、今まで使っていた化粧品が肌に合わなくなる場合があります。ホルモンバランスの変化で肌の水分量が減り、肌の乾燥が気になり始める人もいるでしょう。顔だけでなく体のさまざまな皮膚に変化が現れ、シミやイボなどが突然気になり始める人もいます。妊娠中は肌が敏感になることがあるため、低刺激の化粧品に変えるなどの対策が必要な人もいます。

情緒不安定

普段ならやりすごすような些細なことにイライラしたり、涙もろくなったり、集中力がなくなったり、情緒不安定にもなる人もいます。パートナーとの会話でも、ふとしたことが気になって喧嘩になる場合があるかもしれません。ただしこれも、月経前症候群(PMS)といって一般的な月経前の症状としても起こりうるため、この症状だけで妊娠したかどうかを判断することは困難です。

Image

受精や着床時に自覚症状はある?受精〜着床までの体の変化と妊娠超初期症状について

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/5277
Image

妊娠超初期症状一覧!兆候はいつから?妊娠したかもと思ったらチェックしたい25の症状と体験談・注意点

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18554

赤ちゃんの大きさ(身長と体重)

Image

妊娠3週目の赤ちゃんの大きさは、「身長:約0.1mm」「体重:約0.1g」です。妊娠3週目の赤ちゃんは、とても小さくて0.1mm程度の大きさです。紙に針で穴を指して光に透かしてみると、その大きさを実感することができるでしょう。妊娠検査薬で陽性反応が出た場合でも、病院のエコーではまだ確認できない大きさです。

「胎児」ではなく「胎芽(たいが)」と呼ばれる

妊娠3週の赤ちゃんは、まだ超音波写真には写らないぐらいの大きさです。しっかりとした「人の形」になる前の状態で、妊娠5週目辺りから楕円形の虫のような形に成長していきます。 まだ「胎児」ではなく「胎芽」と呼ばれ、妊娠8週目から「胎児」へと呼び名が変わります。

ママの症状と気をつけること

Image

飲酒・喫煙を控える

妊娠に気がついた時点で、お酒やたばこを控えるようにしましょう。妊娠3週で妊娠に気が付く人は多くなく、振り返ると飲んでいたという人もいるでしょう。妊娠超初期の飲酒・喫煙は、まだ赤ちゃんに大きな影響を与える時期ではありませんが、赤ちゃんの健康のために、気がついた時点できっぱりとやめることが大切でしょう。妊活をしている人は、妊娠前から特に喫煙に関してはやめることが望ましいです。

妊婦の飲酒や喫煙は、流産・早産・破水・周産期死亡など、胎盤の維持や胎児の発育に悪影響を及ぼします。妊娠した自覚がある場合には、おなかの中の赤ちゃんの事を考えて、早くからアルコールやたばこを控えるように心がけましょう。

Image

妊娠中に飲酒を控える理由とアルコールの影響!少量・料理酒・ノンアルコールなら大丈夫?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/19952

おすすめの過ごし方・アドバイス

Image

規則正しい生活をする

妊娠3週は急激なホルモンバランスの変化により、体調を崩す方が多いようです。規則正しい生活を意識しましょう。強い眠気に襲われたり、気分が悪くなったり、落ち込んでやる気が起きなかったり、妊娠超初期症状に悩まされる人もいるでしょう。

規則正しい生活をすることで体内時計が整えば、不快な症状を緩和させる効果を得られる可能性があります。 添加物の多い食品や刺激物を避けること、適度に体を動かすことも、妊娠中には必要です。

体重管理

妊娠すると、ホルモンバランスの崩れから「痩せにくく太りやすい体質」になります。妊娠したかもと気づいた時点で、食事や水分の摂り方に注意を払うようにしてくださいね。体重増加に備えて「毎日体重計に乗る」「軽い運動をする」「食べた物を記録しておく」などの対策を始めておくと良いでしょう。

Image

まだ妊娠初期なのに!?妊娠初期に太る原因と対策

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/19576

葉酸を摂取する

妊娠1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月の女性は葉酸を摂取するよう心がけましょう。厚生労働省は妊娠可能性のある女性に対し、食事からの摂取に加えて1日400μgの葉酸を摂取することを推奨しています。

Yp1 s1 2
ベルタ葉酸サプリ
¥3,980〜(2018/01/16 時点)

妊活中の女性は葉酸を積極的に摂取しましょう。厚生労働省は妊娠を計画している女性や妊娠可能性のある女性に対し、食事からの摂取に加えて1日400μgの葉酸を摂取することを推奨しています。

ベルタ葉酸からは400μgの葉酸を手軽に摂取できるほか、鉄分やカルシウム、ビタミン、ミネラルや美容成分も一緒に摂取でき、妊活中・妊娠中の健康維持に役立ちますよ。

葉酸を効率良く摂取できるように体内にとどまりやすい「酵母葉酸」を使用している点もこだわりポイントのひとつです。香料、着色料、保存料などを使用していないところもうれしいですね。サプリメントの大きさは直径9mmと小さく飲みやすいですよ。

公式サイトで購入する
Product
プレミン
¥3,866〜(2018/03/29 時点)

「プレミン」は、妊娠中に不足しがちな栄養素をしっかり補いたいママにおすすめの葉酸サプリ。健康な身体づくりに必要なビタミン・ミネラルを豊富に含み、ビタミンB群だけでなくビタミンCやビタミンD、マグネシウムも豊富に配合しています。

安全性にこだわっている「プレミン」は、製造から袋詰めまで「NSF GMP認証」をクリアした工場で行い、全成分の原産国と最終加工国を開示。食物アレルギー検査も実施しているので、アレルギーが気になる人には嬉しいですね。

公式サイトで購入する
Goods yosan img01
ママニック葉酸
¥5,000〜(2018/01/15 時点)

「ママニック葉酸サプリ」は400μgの葉酸に加えて、40種類以上の成分が配合されたサプリメントです。鉄分やカルシウム、ビタミンなど、ママに嬉しい成分がしっかり抑えられています。さらに、乳酸菌も配合されているのでママのすっきりをサポートしてくれるでしょう。粒の表面はにおいを抑えるコーティングがされているので、つわりの時期には嬉しいポイントですね。

放射能・農薬試験済みで製造はGMP準拠工場、配合されている野菜はすべて国産。品質管理を徹底しているところも心強いですね。15日間全額返金保証付きなので、飲み続けられるか心配なママでも安心して購入できますよ。

公式サイトで購入する

先輩ママの体験談

Image
筆者の場合は「体調の変化とひらめき」が妊娠判明のきっかけでした。 最初の妊娠がわかった時は、37℃台の微熱と風邪をひいた時のような体調不良が続いていました。妊娠を予定していた訳ではなかったので、疲れが出たのだろうと思っていました。ところが突然ふっとひらめきを感じ、仕事中にこっそりと妊娠検査薬を買って試したところ、陽性反応が出てびっくりしました。翌日に仕事を休んで病院に行ったら、妊娠3週でした。

妊娠3週目では、まだ胎嚢が見えないため、2週間後に再診だと言われることがほとんどでしょう。初めての超音波で、まだ赤ちゃんは見えずとも、お腹に丸い袋のような画像が見えた時には、「自分の中に別の命があるんだ」とすごく不思議な気持ちになったのを覚えています。

筆者の体験談ではありませんが、自覚症状がないまま、長いあいだ妊娠に気が付かなかったという話を最近知人から聞きました。 既に子どもがいるママに多いようなのですが、「子育てで忙しく自分の身体を後回しにして過ごしていたら、いつの間にか妊娠中期だった」そうです。小さな子どもを育てているママは、自分にかまう時間がなく気づきにくいのだなと驚きました。

先輩ママからのアドバイス

mamanokoユーザーの先輩ママに聞いた、妊娠3週のアドバイスをご紹介します。

体の変化はもちろん、精神的に不安定になり辛くなることもあると思いますが、1人で抱え込まず周りに協力してもらってくださいね。
旦那さんに遠慮せず、いろいろ協力してもらってください。口に出して言わないと男の人は実感がないので気づきませんよ。
妊娠中は何かとイライラしたり、不安になったり、感情の起伏が激しくなったり、つわりで体調不良になる方も多いですが、かわいいわが子のために数ヶ月がんばってください。この辛い時期もあと数ヶ月で終わりますよ。
妊娠初期は赤ちゃんの体をつくる大切な時期です。お母さん自身の体を大切にしてあげてくださいね。

よくあるQ&A【医師監修】

Image

Q.妊婦健診の初診は何をするの?

A.市販の妊娠検査薬で陽性反応が出た後、初めての妊婦健診はとても緊張しますよね。どちらの産婦人科へかかるかは決めたでしょうか。初回の妊婦健診では、まず受付を済ませた後に「尿検査」をします。その後、問診をしてから、腟に経腟プローペという細長い棒のような器具を入れて「内診」をします。これは超音波の検査で、痛みは感じません。

エコーと内診で赤ちゃんはどのくらいの大きさか、どこに着床しているのかが判明し、妊娠が確定します。内診があるため、チュニックやスカートなど、下着を脱いでもおしりが隠れるぐらいの長さの服装が良いでしょう。持ち物としては「健康保険証」はもちろん、「筆記用具」を持っていくと、医師や助産師さんからのアドバイスをメモすることができて役に立ちますよ。

体の変化を感じてあげて

妊娠3週は、着床して妊娠が始まる週です。まだまだ針の穴程度の小さな命ですが、大きな存在感があり、ママの心と身体に大きな変化をもたらすでしょう。ひとつひとつの小さな変化が「存在に気付いてね」という赤ちゃんからのメッセージなのかもしれません。徐々につわりが始まり、辛い時期に入る人もいるでしょう。無理をせず、規則正しい生活を心がけ、この先の長い妊娠生活を楽しんでくださいね。

あわせて読みたい

Image

妊娠週数一覧!赤ちゃんと妊婦さんの身体の変化と成長のまとめ

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/16229
Image

妊娠4週ってどんな時期?妊婦さんの身体の変化と過ごし方

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/5231
Image

葉酸サプリおすすめ人気ランキング!妊活・妊娠中の効果や口コミをご紹介

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28265
Image

【妊娠1ヶ月】妊婦さんの症状と気をつけたいことは?赤ちゃんの様子は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/17929
記事内で紹介する商品は、mamanoko編集部において選定しています。当該商品および商品の紹介文は、mamanokoの監修医・専門家による推奨や監修を受けたものではございませんのでご注意ください。妊娠中・授乳中の方や持病のある方は、事前に医師に相談の上ご使用いただくことをおすすめします。

関連カテゴリ

関連する人気の記事

妊娠・出産のカテゴリ

妊娠・出産 デイリーランキング

おすすめの記事