更新日:2018年01月12日

妊娠中のお寿司は控えるべき?注意したいネタと食べていいネタ一覧

「妊娠中はお寿司やお刺身などを食べると良くない」と耳にしたことがあるママは多いのではないでしょうか。なぜ妊婦さんはお寿司を食べてはいけないのでしょうか。妊娠中には、どのネタなら食べられるのでしょうか。妊娠中にお寿司を食べることについて、先輩ママのアンケートを交えながら解説します。

監修 : mamanoko 医師・専門家
800323
0

妊娠中お寿司を食べてはいけない理由

Image

水銀の摂取

胎児には体外に水銀を排出する機能が備わっていません。そのため、ママが食べ物に含まれた水銀を摂取すると胎児にも水銀が運ばれ、神経障害や発達障害を引き起こすおそれがあります。

大型の魚介類は自然界に存在する水銀を食物連鎖の過程で体内に蓄積しており、魚を主食とする日本人の水銀摂取の80%以上が魚介類由来となっています。特に妊娠初期は、魚を主菜にする頻度を週に1~2回程度にすると良いでしょう。

Comment icon先輩ママの体験談

妊娠中の食べ物には気をつけないといけないと言われていますが、特に気をつけたいのが生魚です。食中毒はもちろんですが、生魚に含まれる水銀は赤ちゃんへの影響も少なからずあると言われているからです。私自身、水銀のことを知ってから食べるのを控えました。(あいり/出産当時23歳)

食中毒の危険

生魚や生の魚介類には、食中毒を引き起こす「リステリア」という細菌が生息していることがあります。妊娠中は免疫力が低下していることから、普段は大丈夫なものでも食中毒にかかるリスクが高い状態です。食中毒になった場合、妊婦さんが飲める薬は限られているうえ、嘔吐や下痢が胎児の発育に影響する可能性が考えられます。

Comment icon先輩ママの体験談

妊娠中は免疫力が低下しがちなので、普段ならまったく問題のない食べ物にも食中毒を起こすようです。普段と違って胎児へ影響がおよぶ治療はできない時期なので、気をつけたほうが良いです。(まりんぴ/出産当時22歳)

ビタミンAの過剰摂取

ビタミンAは、胎児の上皮、器官、臓器の成長に関わる重要な栄養素で、妊娠中に不足すると胎児の成長障害や奇形を引き起こすことがあるとされています。動物性の食材に含まれる「レチノール」というビタミンAを過剰に摂取することでも、「口唇列・口蓋裂」「水頭症」などの奇形のリスクが高まるといわれています。

妊娠中の食あたりの症状

Image

・発熱、頭痛、嘔吐
  リステリア食中毒の症状です。

・激しい下痢
  サルモネラ菌の症状です。

・下痢による子宮の収縮
  食中毒全般で起こります。

Comment icon先輩ママの体験談

妊娠中のある夏の日、ランチにお寿司を食べに行きました。妊娠中でも生ものを気にせずにガツガツと食べており、思う存分お寿司を楽しみました。しかし、そのお寿司にあたってしまいました。お医者さんに怒られたのは言うまでもなく、妊娠中なので飲める薬も限られ、大変な思いをしました。(しゅま/出産当時26歳)
Mobile favicon

つらい妊婦の胃腸炎!症状や薬などの対処法、影響は?

先輩ママにアンケート:妊娠中にお寿司を食べましたか?

Image

2016年9月 mamanoko会員にアンケート

妊娠中は生ものは避けた方が良いと言われていても、半数以上の妊婦さんはお寿司を食べた経験があるようです。初めての妊娠の場合は神経質になることもあるものですが、第二子以降ともなると、周りの情報に影響されず、自分で判断する人も多くなるのかもしれません。「食べた」と答えた人の中で、どれくらいの人が体調を崩したのかをみてみましょう。

はいと答えた方にお聞きします。そのあと体調を崩したりしましたか?その症状は?

Image

2016年9月 mamanoko会員にアンケート

お寿司を食べて体調を崩した妊婦さんは、3.8%とのことでした。

妊娠中に注意したいお寿司のネタ

Image

マグロ

マグロにはたくさんの種類があり、全ての種類に水銀が含まれているわけではありません。注意が必要なのは、メカジキ、メバチ、クロマグロ、マカジキ、ミナミマグロです。水銀を多く含むマグロはなるべく避けるようにしましょう、

ユメカサゴ

「のどぐろ」と呼ばれる魚のひとつです。何種類かあり、「ユメカサゴ」のみ水銀が含まれています。

うなぎ

うなぎには動物性ビタミンA(レチノール)が多く含まれており、ビタミンAの過剰摂取が胎児の奇形や先天性異常の原因になることが指摘されています。特に妊娠初期の動物性ビタミンA(レチノール)の過剰摂取には注意が必要です。しかし、たまに1皿食べるくらいなら問題ないでしょう。

いくらなどの魚卵

塩分が高いので、食べすぎに注意しましょう。

生カキなど生の二枚貝

生カキなどの二枚貝は、一般的に生で食べると食中毒になりやすいといわれる食材です。ノロウイルスに汚染する可能性のある2枚貝を食べる場合には、十分に火を通しましょう。

生イカ

妊娠中は、お寿司や刺身など生のイカは控えるようにしましょう。生のイカにはリステリア菌という細菌が生息していることがあり、リステリア菌に妊婦さんが感染してしまうと、最悪の場合、流産や死産につながるおそれがあります。

激しい腹痛や嘔吐、下痢を引き起こすアニサキスという寄生虫が生のイカに潜んでいることもあるので、イカは生のままではなく、火を通してから食べるようにしてください。リステリア菌もアニサキスも、しっかり加熱すれば菌を死滅させることができます。妊娠中はお寿司や刺身などの生のイカは避け、中心部まできちんと加熱調理されたものを食べるようにしましょう。

Comment icon先輩ママの体験談

通っていた産婦人科からは寿司を食べるなとは言われませんでした。イカのように寄生虫があるものは怖いので、きちんと処理されているものであれば寿司を食べても良いのではと思います。(ファンタグレープ/出産当時33歳)
Mobile favicon

妊娠中に避けたい食事は?コンビニ食、生ものは大丈夫?

Mobile favicon

妊娠中に食べてはいけないもの一覧!影響する病気と食材まとめ

妊娠中に食べてもよいネタ

Image

巻物(カッパ巻き、かんぴょう巻き、お新香巻き、納豆巻きなど)

生ものが含まれていないので安心です。

サーモン、鯛、 サンマ、アジ、サバ、カツオ、イワシ、ぶりなどの青魚

特に妊婦にとって注意すべき成分はありませんが、新鮮なものを食べて食中毒に注意しましょう。

加熱したエビやカニ ・ウニ ・えんがわ

加熱してあるとより安心です。新鮮なものを食べて食中毒に注意しましょう。

Comment icon先輩ママの体験談

生ものは、あたったときの治療や子どもへの影響が怖かったので、ずっと避けていました。妊娠中に寿司を食べたのは数回で、寿司は海鮮が入っていないちらし寿司、握りはツナや卵やボイル済みの海老を選んで食べていました。(はな/出産当時23歳)

お寿司を食べたいときに注意すること

Image

新鮮なものを選ぶ

どんなものでも新鮮でないと食中毒の危険があります。

信用できるお店を選ぶ

清潔で安全性が高いネタを提供してくれるお寿司屋さんを選びましょう。

ガリを食べる

ガリ(ショウガ)には抗菌作用と冷え防止の作用があります。適宜つまむようにすると良いでしょう。

炙りやボイルで工夫する

加熱されたもののほうが安心です。メニューにあれば生よりも加熱されたものを選ぶと良いでしょう。

Mobile favicon

妊娠中におすすめの飲み物・注意すべき飲み物一覧!先輩ママ100人のアンケートも記載

妊娠中のお寿司はよく注意が必要!

妊娠期間は1年弱もあり、ずっとお寿司を我慢するのはつらいものです。注意点を守れば、妊娠中の息抜きにお寿司を楽しむのも良いですね。我慢しすぎずに楽しい妊娠生活を送りましょう。

生まれてくる赤ちゃんのために葉酸を摂取しましょう

妊娠中は葉酸を摂取するように心がけましょう。厚生労働省は妊娠中の女性に対し、葉酸を摂取することを推奨しています。

厚生労働省は妊娠1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月の女性に対し、食事からの摂取に加えて1日400μgの葉酸を摂取することを推奨しています。また妊娠4ヶ月以降のの女性に対しては、1日合計480μgの食事性葉酸を摂取することを推奨しています。

Belta

ベルタ葉酸

¥5,980〜(2018/01/12 時点)

購入はこちら

食事でとることが難しい場合は、補助的にサプリを使用しましょう。ベルタ葉酸サプリは葉酸を摂取できるほか、鉄分やカルシウム、ビタミン、ミネラルや美容成分も一緒に摂取でき、妊活中・妊娠中の健康維持に役立ちますよ。

葉酸を効率良く摂取できるように体内にとどまりやすい「酵母葉酸」を使用している点もこだわりポイントのひとつです。香料、着色料、保存料などを使用していないところもうれしいですね。サプリメントの大きさは直径9mmと小さく飲みやすいですよ。

公式サイトはこちら
Product03 b01 pc

はぐくみ葉酸

¥1,980〜(2017/10/24 時点)

購入はこちら

はぐくみ葉酸は、レモンから抽出された食事性葉酸が含まれるサプリで、天然由来の成分が配合されている点が大きな特長です。オーガニックのレモンを使用している点もうれしいポイントのひとつですね。

それに加えて、購入後に販売元にお問い合わせいただければ、1000人以上の妊活・妊娠中の食事のサポート実績がある専任の栄養士さんから出産までの食事について継続的にアドバイスを受けることもできます。サプリを飲むだけではなく日頃の食事から改善し、自分の身体や赤ちゃんの健康を維持したい方におすすめですよ。

公式サイトはこちら
Mobile favicon

葉酸とは?妊娠・妊活や男性にも効果が期待できる大事な栄養素

Mobile favicon

妊婦に必要な一日あたりの葉酸摂取量は?いつからいつまで?妊娠前や妊娠初期は?

「ままのて」が妊娠中のママをサポート

mamanokoが提供する、妊娠中の疑問や不安・悩みをサポートするアプリ「ままのて」。妊娠週数にあわせたママへのメッセージを毎日お届けします。

▼無料インストールはこちら▼

Image

ままのて ‐妊娠・出産・育児情報とQ&Aを毎日お届け‐

https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%81%BE%E3%81%B…

あわせて読みたい

Image

妊娠中に飲んではいけないハーブティーは?流産の危険性も?おすすめも紹介

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/11174
Image

妊婦の体重管理!体重増加のリスクとは?体重を減らすための食事や体重管理アプリを紹介!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29137
Image

食べつわりはいつまで続くの?つらい食べつわりの症状と対策、注意点

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18290
Image

妊娠中に食べても大丈夫?カレー、ハチミツ、チョコ、レバー

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/5502
Image

葉酸サプリおすすめ人気ランキング!妊活・妊娠中の効果や口コミをご紹介

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28265
Image

妊婦の生卵はダメってホント?生卵の影響と注意点

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/23691
Image

妊娠中に飲むのはどんなお茶が良い?おすすめのお茶と注意点

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/23351
Image

妊娠中に飲んではいけないハーブティーは?流産の危険性も?おすすめも紹介

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/11174
Image

妊婦さんにおすすめのルイボスティー3選!妊娠中にカフェインがダメな理由とは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28341
Image

妊娠中・妊活中の食生活!子宮に良い・悪い食べ物はあるの?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/19235
Image

妊娠中チーズを食べても大丈夫?チーズの種類と食べる際の注意点

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/24152
Image

妊婦に豆乳は良い?悪い?豆乳の効果と摂取時の注意点

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/24053
Image

妊婦に必要な一日あたりの葉酸摂取量は?いつからいつまで?妊娠前や妊娠初期は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28748

関連カテゴリ

関連する人気の記事

妊娠・出産のカテゴリ

妊娠・出産 デイリーランキング

おすすめの記事