【お悩み解決】保育園に行きたくない!保育のプロの対応と保護者の心の持ち方 河西景翔#16

保育士・子育てアドバイザーとして活躍する河西景翔先生の連載第16弾。慣らし保育などを経て保育園に慣れている子どもでも、長いお休み明けは保育園に行きたがらないケースも少なくありません。あまりに登園を嫌がると、大人のほうが悲しくなることありますよね。そんなときにどうすれば良いのか、保育のプロが解決策を教えてくださいました。

368

この記事の監修

河西 景翔
保育士・子育てアドバイザー
河西 景翔

目次

  1. 河西景翔先生へのお悩み
  2. 大切なのは大人が切り替える力
  3. 保育士との連携をしっかり取りましょう
  4. 身体で保育園へ通うことを慣れさせる
  5. 子どもと離れるときの儀式を作りましょう
  6. 河西先生からのメッセージ
  7. 河西景翔先生による子育てのアドバイス動画はこちら!
  8. 河西景翔先生のコラム
  9. 著者情報:河西景翔(かわにし けいと)
  10. 妊娠・育児に関するお役立ち情報発信中!
  11. あわせて読みたい
河西先生

こんにちは。河西景翔です。

コロナにより保育園への登園を自粛していたご家庭も多いのではないでしょうか。せっかく慣れた保育園も、休みが長かったことにより「いちから保育園に慣れさせるのに苦労している」といったお悩みをよく聞きます。

今回は、保育園に馴染めない子どもに関してのお悩みにお答えします。

河西景翔先生へのお悩み

子どもが保育園に慣れず、毎朝泣いて登園しています。あまりにも保育園に行きたがらないので親のほうが泣きなくなります。親と離れると楽しそうに遊んでいると先生に聞くのですが…。

朝から楽しく保育園に通うにはどうしたら良いでしょうか。

大切なのは大人が切り替える力

河西先生

実は、保育園に慣れない原因として、大半の心配は大人が作っていることが多いのですよ。

子どもは感受性が豊かなので、保護者の不安な気持ちを読み取り、不安定になりやすいといえます。実際に、登園時にママと離れるとき不安そうな顔を見せてしまうと、子どももずっと不安なままその日を過ごします。

離れるときに大泣きしていても、保護者と離れた後は気持ちを切り替えて遊びだす子はたくさんいます。朝泣いている姿を見るのはつらいですが、子どものためを思って笑顔で「行ってきます」と言えるよう、大人から気持ちを切り替えることが大切です。

保育士との連携をしっかり取りましょう

子どもが保育園に慣れないときこそ、保育士との連携が大切です。家での子どもの様子を連絡帳に記入して、好きな遊びや食べ物などを知ってもらうことも保育園に慣れるポイントのひとつです。

私たち保育士は、泣いている子どもに対して専門的な知識をもとに、試行錯誤しながら対応しています。入園前の面談で子どもの特性についてお話しますが、子どもの成長は日々変わっていきます。できるだけ最新の情報を連絡帳に記載して提供してもらえると、一人ひとりの子どもに合った保育ができます。

河西先生

子どもに合った保育は、子どもの戸惑いや不安を除きます。

保育士との距離がぐっと縮んで信頼関係を築き、より早く保育園に慣れることができるでしょう。

身体で保育園へ通うことを慣れさせる

子どもがなかなか保育園に馴染めないと、気持ちが焦ってるという方もたくさんいます。しかし、焦りは子どもにも伝わります。

子どもが保育園に行きたがらないときは、まずは下記のことを意識しましょう。

・必ず保護者が迎えに来ることを学ぶ
・保育園は子どもにとって安心して過ごせる場所と学ぶ

このふたつが大きなポイントとなり、子どもは保育園で楽しく過ごせるようになります。

子どもの性格によって保育園に慣れる期間はさまざまですが、時間に余裕を持って少しずつ慣れさせることで子どもの心が不安から安心に変わります。すると、朝に泣いて登園することはほとんどなくなるでしょう。

河西先生

仕事などの都合で保育園に慣らす期間を長く設けることは難しいかもしれません。

そんなときは、ママだけでなくパパ、おじいちゃん、おばあちゃんなどと連携して、なるべく時間をかけて保育園に慣れさせることが子どもにとっても大切なことですよ。

子どもと離れるときの儀式を作りましょう

登園後、子どもと離れるときに気持ちを切り替える…と言っても、どのように切り替えたら良いか難しいですよね。

そんなときは、大人が別れる際の儀式を作り上げれば良いのです。この儀式を作ることによって、子どもも「離れなくてはならないんだな」と納得します。実際に、保育園でも朝この儀式をしている親子はたくさんいます。

ここで儀式のポイントを3つ紹介します。

1.笑顔(不安があっても笑顔です)
2.「握手でバイバイ」と言って握手する
3.「ぎゅぎゅ」と10秒抱きしめて、手を振って別れる

子どもは「もっと」と言うもしれません。もちろん時と場合にもよりますが、基本的には後ろ髪を引かれながらも我慢してその場を去りましょう。これを毎日の習慣にすると子どもも気持ちが切り替えられるようになり、自然と泣かないで離れるようになります。

お迎えの際は、「今日も保育園頑張ってえらかったね!」と、子どもの頑張った姿を受け止めてあげることも忘れずに接してあげてください。

河西先生からのメッセージ

今回は、保育園に馴染めないお子さんに対しての質問にお答えしました。保育園に通う子どもにとって必要なのは、「家庭」と「保育園」の連携です。しっかり連携が取れていれば、ママ自身も「馴染めてるかしら…」と不安な気持ちを持たずに保育園にあずけることができます。

河西先生

慣らし保育期間や長期のお休み明けは、子どもだけでなくママも保育園にたくさん寄り添い、たくさん質問して大丈夫です。

親子で不安を解決して、一日でも早く保育園に安心して通えるよう心から願っています。

※この記事は2020年6月時点の情報をもとに作成しています。

河西景翔先生による子育てのアドバイス動画はこちら!

YouTubeのままのてチャンネルでは、専門家の先生による育児に関するお役立ち情報を配信しています。河西先生の動画も好評配信中ですよ。ぜひチャンネル登録をよろしくお願いたします。

絵本の読み聞かせ

赤ちゃんのあやし方

最先端の幼児教育

赤ちゃんの寝かしつけ方法

赤ちゃんとの関わり方

赤ちゃんのげっぷのさせ方

おむつ交換のコツ

河西景翔先生のコラム

【お悩み解決】子どもの「噛みつき」は叱る?保育のプロの対応を伝授! 河西景翔#15
https://mamanoko.jp/articles/31716
【保育士お悩み解決】スマホが手放せない!子どもに動画やアプリを見せ続けて大丈夫? 河西景翔#14
https://mamanoko.jp/articles/31703
【年齢別】保育士のおすすめ遊びアイテムはコレ!0.1.2歳の遊び方を解説!おうち時間を楽しもう 河西景翔#13
https://mamanoko.jp/articles/31691
【保育士解説】自粛中のママの悩みにアドバイス! 子どもにとって大切なこととは? 河西景翔#12
https://mamanoko.jp/articles/31689
【保育士解説】おうち遊びの悩みを解決!1.2歳の子どもの遊び!プロは保育園でどう接してる? 河西景翔#11
https://mamanoko.jp/articles/31680
【保育士解説】妊娠中のママの出産準備!子育てグッズ・心の持ち方・赤ちゃんとの関わり方を紹介! 河西景翔#10
https://mamanoko.jp/articles/31663
【保育士解説】赤ちゃんと家遊び!生後0ヶ月~12ヶ月の発達に合った遊びとは?河西景翔#9
https://mamanoko.jp/articles/31662
【保育士解説#8】非認知能力とは?世界が注目している理由&子どもの力を伸ばす方法!
https://mamanoko.jp/articles/31654
【保育士解説#7】プロが教える自己肯定感を育む2ステップ!自己肯定感とはどんな力?
https://mamanoko.jp/articles/31634
【保育士解説#6】イヤイヤ期のイライラを解決!やってはいけないことは?プロの接し方を伝授!
https://mamanoko.jp/articles/31621
【実録】コロナウイルスで休校!保育士・保護者の現状・生の声は?河西景翔先生コラム#5
https://mamanoko.jp/articles/31635
【保育士解説#4】仕事と育児の両立が不安なママ&パパへのアドバイス!慣らし保育までにできること:河西景翔先生
https://mamanoko.jp/articles/31620
【保育士が解説#3】慣らし保育の不安を解決!親子でできる入園に向けての心の準備!
https://mamanoko.jp/articles/31606
【保育士解説!#2】パパの育児参加「イクメン」を徹底解説!男性の育児参画は本当に必要?
https://mamanoko.jp/articles/31600
【新連載!#1】保育園選びの疑問を保育アドバイザーが徹底解説!希望の園に入園するには?
https://mamanoko.jp/articles/31590

著者情報:河西景翔(かわにし けいと)

保育士・子育てアドバイザー。
小学生の頃から保育士を目指し、中学から保育園でのボランティア活動を通して、日本音楽学校に入学し、保育士・幼稚園の資格を取得。
「子育て中のママやパパと、共に悩みながら最良の道を切り開く」
を念頭において、日々奮闘中。

妊娠・育児に関するお役立ち情報発信中!

ままのてのTwitter・Instagramをフォローすると、最新マンガの更新情報をご確認いただけます。ぜひチェックしてみてくださいね。

あわせて読みたい

慣らし保育とは?期間や泣くときの対処法は?仕事の都合でなしにできる?
https://mamanoko.jp/articles/28965
【睡眠コンサルタント解説】「妊娠中に知りたかった…!」間違いやすい寝かしつけの方法とは?
https://mamanoko.jp/articles/31720
簡単・布マスクの作り方!平面も立体もプリーツも!手作りのコツ・ガーゼ生地の扱い方を徹底解説!
https://mamanoko.jp/articles/12607
【今夏注目】ユニクロ「着る」UVカット!赤ちゃんの肌を紫外線から守る夏の重要アイテムをご紹介
https://mamanoko.jp/articles/31706
「それでもやっぱり子どもはかわいい…!」元保育士の編集者が笑って泣いた、保育士実録マンガをご紹介!
https://mamanoko.jp/articles/31127